出典:https://www.shutterstock.com

男性は落ち込んだり弱ったりしているときには、彼女に癒されたいと感じるものです。

さりげなくやさしい言葉をかけられたりしたら、彼女の存在はますます大きくなることでしょう。

そこで今回は、“弱っている男性”をキュンとさせるひと言を紹介します。

 

■「元気ないけど何かあったの?」

まずは当然ですが、自分が弱っているときに、ちゃんと心配してくれる彼女であるかどうかは、かなり大事なポイントです。全く気にもかけてくれないような彼女であったら、一緒にいても悲しい思いをするだけでしょう。

そして、いつもより元気がないことに、すぐに気づいてくれることにも、男性はうれしくなるもの。「何かあったの?」のひと言は、自分のことをちゃんと見ていてくれて、しっかりと気遣ってもくれていることがわかるので、彼氏がホッとできる瞬間でもあるでしょう。

 

■「私で良ければ話を聞くよ」

嫌なことがあったりモヤモヤしていたりするようなときには、誰かに話を聞いてほしいし、思いを打ち明けてしまいたいという気持ちになるものです。特に、一番身近な存在である彼女には、男性も話を聞いてもらいたいという思いが強くなるはずです。

ただ、男性はプライドが高いので、なかなか自分からは弱い面も見せることができず、言い出せなかったりもします。だからこそ、「話を聞くよ」とやさしく彼女が言ってくれたりしたら、かなりうれしいことでしょう。弱さも受け入れてくれる彼女の存在は、男性にとってとても大きなものですよ。

 

■「頑張っていたもんね」

普段から自分が必死に頑張っていたことをちゃんとわかってくれている人がいたら、それだけで心が軽くなりますし、救われたような気持ちにもなるはず。落ち込んでいるときにこそ、そういった人の存在はとても大きく感じるものでしょう。

弱っているときに、「頑張っていたもんね」と彼女が言ってくれたら、認めてもらえたような気持ちにもなれます。わかってくれている人がいてくれれば、「もう一度頑張ってみよう」という力だって湧いてくるでしょう。そんな思いにさせてくれる彼女は、男性にとっては“理想の彼女”そのものですよ。

 

■「無理しすぎないでね」

男性はいつでも虚勢を張って、強がって生きていたりするもの。特に、会社では必死に気を張って毎日仕事をしているので、ときには疲れ果ててしまったり、ちょっと弱ってしまったりするようなこともあるでしょう。

そんなときに、ふと彼女から「あんまり無理しすぎないでね」なんて声をかけてもらえると、強がりすぎなくてもいいんだとちょっと気を緩めることができます。男性は彼女に“癒し”を求めるものなので、こういったひと言で癒してあげられると、あなたから離れられなくなるはずですよ。

 

彼女のやさしいひと言で、落ち込んでいた気持ちがちょっと楽になったりもするものです。そして、そういったことをしてくれる彼女のことは、男性も大事にしようと感じるはずですよ。

【画像】

※ Leszek Glasner/shutterstock

【参考記事】

※ もうたまんねぇ〜!ベッドで「いい女」になるためのポイントアドバイス

※ 超絶イケメンなのに…残念すぎるエッチなエピソード4選

※ 【男子に聞いた】エッチでキスマークをつける理由って?

※ バチェラーに聞く!エリート男子の「本命彼女」ってどんな子?

※ エロメン直伝。「自分史上最高のエッチ」を楽しむコツ

※ エロメン直伝。男がエッチ中に言われると嬉しいコトバ