8日、中国大陸の砂漠の砂が春先の偏西風に乗って飛来する黄砂が九州から北海道にかけて広い範囲で観測された。写真は4日、北京で観測された黄砂。

写真拡大

2017年5月8日、中国大陸の砂漠の砂が春先の偏西風に乗って飛来する黄砂が九州から北海道にかけて広い範囲で観測された。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

気象庁によると、熊本市では7日早朝から視界が約8キロまで低下。北海道函館市でも8日に同程度まで視界が悪化した。同庁は交通機関などに影響があるとして警戒を呼びかけた。

これを受け、中国のネット上では「中国は黄砂を輸出したのか」「中国の砂が日本まで届くなんてすごいな」「視界8キロぐらいで大騒ぎするなんて」「天気も武器になるな。日韓は怖がるかな」などのコメントを寄せている。(翻訳・編集/大宮)