8日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。この番組は「明日のブスのためにブスがブスを語り合う、ブスが主役のトーク番組」であり、この日もブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情をフカボリ。この日は“ブス枠”に応募してきたフリーター・永井はるかが初登場。驚きの結婚エピソードを明かした。

 永井は自身の経歴について「実はバツイチ」と告白。「昔、男性に(30分や1時間単位で)癒しとやすらぎを与える仕事をしていて、そこで客だった旦那と出会いました」と、ある“業界”にいたことをほのめかし、矢作は「お客さんと結婚したの?」と興味津々の様子。共演者たちからも「すごい」という声が上がった。

 後に夫となるその男性は永井を何度も指名してくれたそう。「そういう仕事をしていると、男性が本心でしゃべっているかどうかが大体わかってくるんですが、結婚相手は私のことを本心で褒めてくれているなと感じて、私から好きになりました」「他の人とは違う、本当の優しさを感じました」といい、出会いから3ヵ月でスピード結婚したという。

 結婚後、一度は業界から足を洗ったものの、生活難から間もなく再開。しかしそんな壮絶な結婚生活は、相手の浮気が原因で約2年で幕を閉じたという。

 しかし、永井は現在、アルバイト先で知り合った彼氏がいるとのこと。その彼氏は永井の過去も知った上で愛してくれていると幸せそうに語り、共演者たちから羨望のまなざしを受けていた。

(c)AbemaTV