『美女と野獣』 (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

エマ・ワトソン主演で実写映画化され公開中の『美女と野獣』が、公開16日間で興収60億円を突破!『アナと雪の女王』が20日間かかった興収60億円超えを4日間も短縮するという、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と並ぶ驚異的なスピード記録を達成したことがわかった。

[動画]『美女と野獣』予告編

本作は、4月21日に公開となり、最初の週末3日間(4月21、22、23日)で興収13億7876万5600円、動員95万1214人を記録。その勢いは2、3週目も衰えず、5月7日までに動員473万1206名、興収66億9567万9400円を記録し、3週連続で動員ランキング首位をキープしている。

この日本での大ヒットを受け、全世界興収も11億8569万4615ドル(1304億2640万円/1ドル=110円換算)で歴代11位にまで上がり、現在10位の『アイアンマン3』を追い抜きトップ10入りするのも時間の問題となっている。