10歳少年に手紙を読み上げられて継父は涙(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

世の中には血の繋がりがなくても強い絆で結ばれた家族がいる。このほどそんな家族のもとで育った少年が、継父に「僕のお父さんになって」とお願いした動画がFacebookで拡散し、人々の心を温かくしている。英紙『Metro』などが伝えた。

【この記事の動画を見る】

米ロサンゼルスに住むブランドン・クレイグ=ウィリアムソンさんはカラーニ君(10歳)の母ポルシェさんと2010年に出会い、2012年に結婚した。

ブランドンさんがカラーニ君に出会ったのは彼が2歳の頃で、それからというもの父親の代わりを務めてきた。学校の懇談会に出席したり、スポーツ大会など様々な学校行事にも参加したりとカラーニ君の成長を見守ってきたのだ。そんなブランドンさんを父親のように思い慕ってきたカラーニ君は4歳の時、母親に「ブランドンのことをダディって呼んでもいい?」と聞くほど2人の絆は深まっていた。

そして現在、ブランドンさんとの間に子供を妊娠し7月に出産予定のポルシェさんは、2か月前にカラーニ君から「ダディの姓を名乗りたい」と言われ、嬉しさでいっぱいになった。カラーニ君はブランドンさんを本当の父のように思っていたのだろう。しかし正式な手続きをしていなかったために、このほどポルシェさんと一緒にカラーニ君は自分を養子として迎えてくれる計画を立てた。

4月30日、10歳になったカラーニ君は誕生日会でブランドンさんに3つの質問をした。「僕のこと、好き?」「僕のお母さんのこと、好き?」と訊ねるカラーニ君に、ブランドンさんは「言わなくても知ってるだろう?」と答えた。そして「僕とお母さんがいなくても生きていける?」という質問には「No」と返し、「じゃあ、ここで正式なものにしよう。僕の本当のお父さんになってくれる?」とカラーニ君は手紙を読み上げた。

その瞬間、ブランドンさんは目頭を押さえ溢れ出る涙を必死でこらえようとした。カラーニ君から「自分を正式に養子にして欲しい」と言われたことは、ブランドンさんにとって何より嬉しかったに違いない。また、この瞬間を動画に収めていたポルシェさんにとっても感極まる思いだったことだろう。

実は最初、カラーニ君はこのお願いを6月の父の日にする予定だったという。しかし待ちきれず、自身の誕生日に家族にとっての「特別な一日」にしようと決心した。

カラーニ君の言葉を聞いたブランドンさんは、すぐにカラーニ君を引き寄せてハグをした。そしてカラーニ君から受け取ったギフトボックスを開けると養子縁組の申請書が収められてあり、ブランドンさんはまた感激の涙をこぼした。

ポルシェさんは、最近他界してしまったブランドンさんの父のお墓の前でこの申請用紙を記入するつもりだと明かしている。ブランドンさんは普段からカラーニ君と一緒に慈善団体に参加して貧しい人々へ食事を提供したりと、いい父親像を見せてくれていることも語った。

今回、ブランドンさんは「人生で最高の瞬間だった」と述べた上で、カラーニ君への思いをこのように話している。

「私はカラーニに、物事に責任を持ち一生懸命やることを教えています。また愛や哀れみを忘れないことも常々伝えています。カラーニは私の背中を見て育ってくれています。だから私もちゃんとした人間でいなければならない。また愛に境界線はないことなど、カラーニから学ぶこともたくさんあるんですよ。」

Facebookに投稿された動画が思わぬ反響を呼んだことについてはブランドンさんやポルシェさんも驚き、多くの人たちからの温かいコメントに喜んでいるという。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)