女流 下試し(しもだめし) 〜男性は襖の向こうで拝聴可〜

写真拡大

7月2日(日) に町田・みんなの古民家で「女流 下試し(しもだめし)」が行われる。

下試し【英文表記:shimodameshi 】とは、行き場を失った性的、または排泄的ないわゆる「下がかった話」を成仏させる日本の習俗の一種である。

第四回となる下試し(しもだめし)は女性限定。初対面の女性同士が『下(シモ)』がかった話を語り、初対面の男性同士が襖の向こうで座して拝聴する。

これまでに行われた下試しでは、「私ももっと話がしたい」「女性の話をもっと聞きたい」という意見も多く、試行錯誤の上「ふすま」という解にたどりついたという。

<下試し(しもだめし)前回開催の様子>
(音源あり) 
http://semipuro.com/project/1232.html

<開催日時>
2017年7月2日(日) 14:30〜16:30
開場:14:00 閉場:17:00

<会場>
みんなの古民家 "Tokyo Heritage"
(東京都町田市能ヶ谷7丁目23-11)

<定員>
女性:12名(最小敢行人数6名)
男性:10名程度

<参加費用>
女性:0円
男性:1,000円

(2017年5月7日時点の情報)