【詳細】他の写真はこちら

もしかしてこれからのテレビ市場は「有機EL」が注目株?

2017年5月8日、4Kブラビアの新商品を一挙に発表したソニー。このラインアップで特筆すべきなのは、なんと言っても4K有機ELテレビ「A1」シリーズ2機種と言えるでしょう。振り返れば2007年に世界初の有機ELテレビ『XEL-1』を世に送り出したのは他ならぬソニーだったわけですし、およそ10年振りのカムバックということで気になるユーザーは多いはず。



大画面有機ELであることを活かしたデザイン性




『KJ-65A1』フロントビュー

前出の『XEL-1』は当時の技術的制約やコスト面から11V型の小画面テレビでしたが、今回ついにソニー初の大画面有機ELテレビとして65V型の『KJ-65A1』(80万円前後)と55V型『KJ-55A1』(50万円前後)を用意。かつて11V型の『XEL-1』が20万円だったと思うと、有機ELのインチ当たりの単価もずいぶん下がったものです。


『KJ-65A1』リアビュー

背面のスタンドをたたんだ際の奥行きは両モデルとも8.6cm。有機ELらしく薄型であるのみならず、正面から見るとほぼ映像だけのようにも見える狭額縁デザインも特徴。また、背面スタンドにはケーブル類を収納でき、どの方向から見てもスッキリしたデザインを実現しています。

テレビ画面自体を振動させて音を出す




本体背面左右にアクチュエーター、背面スタンドにサブウーファーを内蔵

そしてもうひとつ、新音響システム「アコースティック サーフェス」が採用されているのも特徴的。これはテレビ画面そのものを振動させて音を出す仕組みで、背面スタンド内蔵のサブウーファーと連携して広がりのあるサウンドを出力してくれるのだそう。話題は前後しますが、スピーカーが見えないこともシンプルな外観のデザイン性アップに寄与していますね。

高画質プロセッサーと画像処理技術を満載





画質の面ではフラッグシップ機と同じプロセッサー「X1 Extreme」が搭載され、さまざまな映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」や、超解像およびノイズ低減処理のデータベース分析、グラデーション補完処理といった高画質機能を高速に処理してくれます。近年ソニーのテレビ製品でおなじみとなった広色域技術「トリルミナスディスプレイ」、超解像の4Kアップコンバートエンジン「4K X-Reality PRO」も搭載されました。

一部のマニア向けとも思えた世界初有機ELテレビから10年が経過し、大画面テレビになって一般ユーザーにも受け入れやすい姿になったソニーの新世代有機ELテレビ「A1」シリーズ。そのミニマルなルックスから、家電のデザインにこだわりが強いユーザー層にもアピールするように思えます。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



ソニー「ブラビア A1」シリーズ製品ページ

プレスリリース(ソニー)

関連記事



4K? 有機EL? テレビは設置場所と使い方で選べば失敗なし!【生活家電 買い方の3ルール】

【4Kテレビ2017春まとめ】東芝編:“美肌”高画質とタイムシフトマシンが普段使いに最高。有機ELも仲間入り!

東芝「REGZA」4K 有機ELテレビがついに発進。暗室で見た“黒”の再現力に驚き! もちろん全録タイムシフトにも対応