ロシアの首都モスクワ郊外で、旧ソ連・国家保安委員会(KGB)在籍時代の上司であるラーザリ・マトベーエフ氏(右)を訪ね、同氏の90歳の誕生日を祝うウラジーミル・プーチン大統領(2017年5月8日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は8日、首都モスクワ(Moscow)郊外で旧ソ連・国家保安委員会(KGB)在籍時代の上司、ラーザリ・マトベーエフ(Lazar Matveev)氏を訪ね、同氏の90歳の誕生日を祝した。

 プーチン大統領は、KGBの職員として旧東ドイツのドレスデン(Dresden)で活動していたが、マトベーエフ氏はその時の上司だったという。
【翻訳編集】AFPBB News