ドラマ「CRISIS―」公式ブログで小栗旬の"高速バトルシーン"秘蔵ショットを公開

写真拡大

小栗旬が主演するドラマ「RISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジ系)のドラマ公式ブログは8日、第4話(5月2日放送)“高速バトルシーン”の撮影中ショットを公開。ファンから「緊張が伝わってきますね!」「アクションシーンが本当にかっこよすぎます!!」と大きな反響が上がっている。

【写真を見る】カメラがぶつかりそう! 迫真のバトルシーン撮影中ショット

「CRISIS―」は、直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を手がけた、1話完結型のアクションエンターテインメント。主人公・稲見朗(小栗)や田丸三郎(西島秀俊)をはじめとする各分野のスペシャリストが集結した警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍を描いた作品で、第4話では、稲見と暗殺者・石立(浜田学)による高速バトルシーンが展開された。このシーンは放送直後からネットで「アクション、カッコよすぎ…」「メッチャ強いんですけど」などと話題になっていた。

そんな中、「第4話の高速バトルシーン撮影中ショット!」と題して更新された8日の投稿では、話題になった同シーンの撮影中ショットが公開された。現場のカメラマンが至近距離から2人を捉える臨場感あふれる写真に、ファンからは「小栗旬さん格好いい」「緊張が伝わってきますね!明日も楽しみ」といったコメントが寄せられた。

9日放送の第5話では、稲見が暴行罪を装って警察の留置場に潜入する。そして特捜班が目をつけていた暴力団員・沢田(杉本哲太)への接近を試みるなど、緊迫感のあるストーリーが展開する。公式ブログでは、第5話に向けて出演者による“カウントダウンショット”も公開中。緊張感みなぎる本編とは違い、出演者の笑顔が見られるとあってこちらもファンから「毎週楽しみに見ています」「カウントダウンに旬くんも出ますか?」などと注目を浴びている。