長い人生で、フリーでいる期間というのは少なからずあると思います。なかには、絶えずに彼氏がいるというモテ子さんもいますけれど、なかなかそんな恋愛上級者ばかりではないですよね。フリー期間は恋人のいる人をうらやましく思ったり、嫉妬にかられたりしてつらいときもあります。そんなときは、どのように心を満たしてあげればよいのでしょうか? 今日はそんな話です。

1. ネイルをする

ネイルをすると、「ああ、女の子でよかったぁ」と思わずつぶやいてしまいませんか? 爪先を彩るのは、女性の特権だと筆者は思います。好きなデザインをながめて毎日を過ごすと、仕事や家事も頑張れちゃうから不思議ですよね。

2. マツエクをする

目元を盛ると雰囲気も変わりますし、新しい自分の魅力に気づけます。つけまつげよりお値段ははるものの、マツエクをすると毎朝のメイクの時短にもなります。約1か月はらくちんですし、これもネイルと同様に男性だとなかなかできないものです。
もちろん、つけまつげをしてみるというのもオススメです。普段していないと瞳がぱっちりして見えますし、気分転換にもなります。ほんと、女の子って最高!

3. 新しい服を買う

衝動買いばかりするのはよろしくないですけれど、落ちこんだときこそ自己投資をしましょう。これは自己肯定力をあげるためにも効果があります。人をうらやんでしまうときもありますけれど、よそばかり見ていてはご自身のせっかくのすばらしさに目がいきません。それではもったいない! 狙っていたスカート、ひらひらの夏素材のワンピースなど買いに出るのは今ですよ!

4. プロの人にメイクをしてもらう

プロの人のメイクアップというのは、やはり自分でやるメイクと比べてできあがりが違うものですよね。丁寧に美容液やファンデーション、パウダーをのせていってもらっていると、「自分のことをもっと大事にしていこう」と思えるはず。

5. 美容院でヘアアレンジをしてもらう

気分転換で美容院に行こうとしても、カラーやカットの料金を考えたら、お札の諭吉さんが1〜2人いなくなってしまうこともあります。ですので、美容院になかなか行こうと思っても行けないのが現実ですよね。
そんなときは、ヘアアレンジをしてもらうことをオススメします。プロの美容師さんにコテで巻いてもらったり、ゴージャスに盛ってもらって、おでかけしちゃいましょう。美容院によってはヘアアレンジだけで2,000円からやってくれるところもあります。自分の見た目を変えて新しい自分を見つけたら、今よりももっとご自身が好きになれますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 「ああ、女でよかった!」そう思えたときに、また明日からも頑張ろうと思えるものです。男性に愛される以外でも、女性としての幸せを感じることはたくさんありますよ。恋人あっての喜びなんていうものは、人生においてほんの一部なのです。一人で自分のことを満たせる女性こそ、自立した素敵な女性ではないでしょうか?
幸せや充実感は自給自足するものなのです。心の豊かなアラサー女子のみなさんは、この法則を知っているので落ちこんだときは自分の心が満たされることをして、自らの心のコントロールを上手にされているように思います。
日々の忙しさにメンタルがまいってしまったときは、自分を愛することで気分転換をしましょう。いちばんにねぎらわれるべきは、頑張っているあなた自身だということをお忘れなく。ちょっとぜいたくをしたら、また明日からも頑張れますよ。今夜はゆっくりお休みくださいね。