7日、デビュー3年目となるチェリストで女優のNanaだが、すでに9000万台湾ドル(約3億4000万円)以上を稼いだと報じられている。写真はNana。

写真拡大

2017年5月7日、デビュー3年目となるチェリストで女優のNana(ナナ/欧陽娜娜)だが、すでに9000万台湾ドル(約3億4000万円)以上を稼いだと報じられている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

Nanaは女性歌手の欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)のめいで、政治家と女優を両親に持ち、二世タレントとしてデビュー当時から高い関心を集めてきた。実質的なデビュー作となったのが、14年公開の中国映画「北京愛情故事」で、当時はまだ13歳だった。昨年はドラマに初主演し、日本でもCDデビューを果たすなど、活動の幅をさらに広げている。

今年でデビュー3年目となり、台湾だけでなく中国でも大人気だが、今までに稼ぎ出した金額は9000万台湾ドル(約3億4000万円)以上と報じられている。まだ16歳の少女にとってはとてつもない金額となっている。

デビュー以来、Nanaと常に行動を共にして支えているのが、母親で女優のフー・ジュエン(傅娟)だ。Nanaの素顔については、今まで特に反抗期もなく、母親思いであり、世間からの心無い批判の声も平常心でやり過ごす落ち着きを持っていると語っている。(翻訳・編集/Mathilda)