最近なんだか太ってきたなという男性のあなた。何も考えずに不摂生な食生活を送っていませんか? 特に男性は要注意。日本人は女性よりも男性に肥満が多い傾向があるからです。疎かになりがちな食事にも男性こそ気を配るべき。食事のポイントは血糖値を上げないこと。でもどうやったら血糖値を上げない食事になるのでしょうか。

血糖値の急上昇は肥満を招く

食事をすれば誰でも血糖値は上がりますが、その上昇を急激ではなく緩やかにするのがポイントです。食事を摂ると体内ではインスリンと言われる物質が分泌されます。これは食事から取り込まれて血液中に溢れ出した糖分のコントロールや栄養素の吸収に関わるためです。しかし過剰にインスリンが分泌されてしまうと糖分の吸収が高まり、さらにそれを蓄えようとするので結果的に肥満の原因となってしまうわけです。インスリンを過剰に分泌させてしまうのは、急激に糖質を摂取するから。食事で太らないようにするために、食事を摂る際の糖質についてはよく考えるべきです。

過剰な糖質摂取を避けよう

急激な血糖値の上昇を抑える具体的な方法について紹介していきましょう。まずは過剰な糖質摂取を避けることから。摂取した糖質は血液中に溶け出し、血糖として全身へ運ばれます。つまり糖質を大量に摂取すればするほど食後の血糖値の上昇が著しくなるということ。糖質は太るといわれているのはこのためです。ただ糖質は身体のエネルギー源となるものなので完全に断つなんてことは行わないように。あくまで糖質の過剰摂取がいけないということです。例えばものすごく空腹時にいきなりスイーツや菓子パンを食べれば血糖値は確実に上昇します。またいわゆる炭水化物も糖質ですから摂取にはコツがあるのです。

食物繊維を一緒に摂ろう

そのコツとは野菜等に含まれる食物繊維を一緒に食べること。食物繊維は血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる成分として知られています。お米・お肉だけのコンビニ弁当ばかりの方、カップラーメンなどのインスタント食品ばかりの方は、なるべく一緒に野菜などの食物繊維を摂るよう意識しておきましょう。

食べる順番に気を配ろう

食事の食べる順番も重要です。血糖値の急激な上昇を防ぐ理想的な順番は、野菜類、お肉などのおかず、ごはんなどの糖質、という順番です。血糖値の上昇に直結する糖質を最後に持ってくることで、血糖値の急上昇を最小限に止めてくれます。何も気にせず食事を摂っている方は上記の順番どおり食事を摂るよう意識してみましょう。血糖値を上げない食事で太りにくく痩せやすい身体づくりをはじめよう。


writer:サプリ編集部