ZE:A シワン側「兵務庁から出国の許可はもらったが、カンヌ国際映画祭への出席は未定だ」

写真拡大

入隊を控えているZE:Aのシワンがデビュー以来、初のカンヌ国際映画祭への出席可能性が高くなった。

所属事務所Plumエンターテインメントの関係者は8日午後、マイデイリーとの電話取材で「シワンが最近、兵務庁から海外出国の許可を受けたという」と伝えた。

シワンは出演作「不汗党」が「第70回カンヌ国際映画祭」の非コンペティション部門ミッドナイトスクリーニングセクションに招待され、カンヌ映画祭への参加ができるようになった。しかし彼は兵役を終えてないため、兵務庁から海外旅行の許可を得てこそ、出国することができる状況に見舞われた。

これによりシワン側が兵務庁に関連書類を提出し、許可を受けた。しかし、許可を受けたとしてカンヌ映画祭への出席を確定したわけではない。

ドラマのスケジュールを調整しなければならないからだ。関係者は「シワンは現在MBC新月火ドラマ『王は愛する』の撮影に集中している。制作陣とスケジュールを調整しており、カンヌ映画祭への参加は未定だ」と話した。

ZE:A シワン「第70回カンヌ国際映画祭」への出席確定と報じられる