写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ブースはまるで画廊のよう
スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、グラハムがついに本会場にブースを構えた。というのも、グラハムは2010年以降、BASELWORLD会期に合わせて会場近くのレストランを借り切り、展示商談会を開催するのが通例だったのだ。

そのグラハムが再び本丸に乗り込んで来たとあっては、ファンならずとも新作への期待を抱かずにはいられない。ここでは、今回同社がもっとも力を入れていた「クロノファイター ヴィンテージ」の3作をご紹介する(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて税別)。

○クロノファイター ヴィンテージ ノーズアート

グラハムの時計といえば、まず思い浮かぶのは時計左側に装備された大型のリリーズレバー。これはイギリス空軍のパイロットからの提案を腕時計に体現したもので、高高度飛行中でもグローブを外さずに時間を計測できる機構。また、人間工学上、操作は人差し指で行うより親指で行うほうが0.2〜3秒早く反応するという理由もある。そこで、左サイドに巨大なクロノグラフプッシャーとりゅうずを同軸に配し、このレバーだけでスタート/ストップ機能を簡単に行えるようになっているのだ。

今回、グラハムは、この大型レバーを装備したヴィンテージなアヴィエーション「クロノファイター」シリーズの新作を複数発表した。「クロノファイター ヴィンテージ ノーズアート」も、そのひとつ。

第二次大戦期の戦闘機や爆撃機に描かれた美女のノーズアートを大胆にあしらったモデル。懐かしい作風に加え、コケティッシュなポーズも見どころ。6時位置の30分積算計のインダイヤルに自然に目が行くのが良い。計4モデルがラインナップされ、それぞれ描かれている女性の名前(愛称)が付いている。

ムーブメントは自動巻で、デイデイト付き。パワーリザーブは48時間。ケース素材はSS(ステンレス・スチール)で、外径は44mm。バックスケルトン仕様。風防はドーム型サファイアクリスタルガラス(両面無反射コーティング)で、10気圧防水。ストラップはカーフレザー(日本で販売されるモデルはDバックルのみ)。価格は各71万円で、6月発売予定。4種類、各100本の世界限定。

●クロノファイターヴィンテージ GMT
○クロノファイターヴィンテージ GMT

その名の通り、クロノファイター ヴィンテージのGMTモデル。GMT目盛りを配した回転式セラミックベゼルを搭載。回転にはクリック感があり、合わせやすさと不用意な回転ズレを防止する。GMT針との組み合わせで、第二時間帯を表示。

ダイヤルはグラデーションのサンブラッシュで、グリーン、ブラウン、ブラック、ブルーの4色がラインナップされる。12時位置にビッグデート、3時位置にスモールセコンド、9時位置に30分積算計を配置。

ムーブメントは自動巻で、パワーリザーブは48時間。ケース素材はSSで、外径は44mm。バックスケルトン仕様。風防はドーム型サファイアクリスタルガラス(両面無反射コーティング)で、10気圧防水。ストラップはカーフレザー。価格は各89万円で、5月発売予定。

●クロノファイター ヴィンテージ エアクラフト リミテッド
○クロノファイター ヴィンテージ エアクラフト リミテッド

アンティークなグレーブラックPVD加工を施したケースとレバー、りゅうず、プッシャー、そしてベゼル、また、かつての航空機のパネルラインとリベットを模したダイヤルが目を引く「クロノファイター ヴィンテージ エアクラフト リミテッド」。

1色のカンバス製ストラップと3色のデニムストラップモデルをラインナップ。ブルーデニムストラップのモデルのみブルーグラデーションダイヤル、他はブラックグラデーションダイヤルとなる。

なお、ケースはシースルーバックだが、グリーンのデニムストラップモデルのみ、第二次大戦期のイギリス空軍の4発重爆撃機「ハンドレページ ハリファックス」を彫刻したメタル製バック仕様。

ムーブメントは自動巻で、デイデイト付き。パワーリザーブは48時間。ケース素材はSSで、外径は44mm。バックスケルトン仕様。風防はドーム型サファイアクリスタルガラス(両面無反射コーティング)で、10気圧防水。ストラップはカーフレザー(日本で販売されるモデルはDバックルのみ)。価格は各71万円で、7月発売予定。各モデルとも、250本の世界限定。

そのほか、グラハムのもうひとつのメインストリームであるモータースポーツモデルの新製品も発表・展示されていた。

(青木淳一)