写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が8日、都内で行われた映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月12日公開)の「全員なりきり! プレミア・イベント」に登壇し、本作で吹き替えを担当した凶暴な毒舌アライグマのロケットになりきった特殊メイクを披露した。

加藤はまず、「1時間半かけてメイクしたんですけど、反応が薄かった」と観客の反応の薄さを心配し、大きな拍手が起こると「いいだったらいんですけど」と照れくさそうにコメント。司会者から「しっぽがかわいい」と後ろ姿も褒められると、「うまいこと作ってもらったんでうれしいですね。腹くくりました。これでいきます!」と覚悟を決めた。

イベントには、同じく吹き替えキャストを務めた山寺宏一、遠藤憲一、秋元才加も登壇。山寺は、衣装ともみあげで主人公ピーター・クイルに寄せてノリノリで登場し、25cmのカワイイ最終兵"木"ベビー・グルートを演じた遠藤は、"木"の特殊メイクでサイズも25cmサイズを再現し、秋元は、特製衣装に触覚をつけて新キャラクター・マンティスになりきった。

そして、加藤は「来年、『アベンジャーズ』に、この『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが出るらしんですよ。アベンジャーズのヒーローと絡むんですよ!」と発表。「僕も(引き続き吹き替えを)やらせてもらうことになると思うんですけど、だから不祥事には気をつけたいと思います」と気を引き締め、「皆さん、不倫とタクシーには気を付けましょう」とほかの3人にも呼びかけて笑いを誘った。