「プロデュース101」またも騒動で練習生が番組を降板…ハ・ミンホ、ファンに性的なメッセージを送り物議を醸す

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2の練習生ハ・ミンホが、ルール違反とセクハラ問題で物議を醸している中、所属事務所がコメントを発表した。番組から降板し、事務所との契約も解除することとなった。

これに先駆けて、ケーブルチャンネルMnetの男性練習生サバイバル番組「プロデュース101」シーズン2に出演中のハ・ミンホは、SNSを利用してファンと直接やり取りしたという疑いが浮上していた。

さらに問題になったのは会話の内容だ。これに先駆けて、オンラインコミュニティにはハ・ミンホと推定される人物とSNSを通じてメッセージをやり取りしたというネットユーザーの証言が相次いだ。このキャプチャーイメージには、家に来るように誘導するような会話の内容と、「唇を許してほしい」など性的な内容が盛り込まれており、さらに論争を巻き起こした。

「プロデュース101」シーズン2の練習生ハ・ミンホ、ファンとのSNSでのやりとりが議論に…Mnet側“状況把握中”

【公式コメント全文】

こんにちは。THE VIBE LABELです。

「プロデュース101」シーズン2に出演中の練習生ハ・ミンホに対して、公式コメントさせていただきます。

まず、「プロデュース101」シーズン2を愛し、応援してくださるすべてのファンの方々と、共演中の練習生を始めとする制作陣にお詫び申し上げます。

また、ハ・ミンホのために傷ついたであろう相手の方にも心より謝罪申し上げます。

私達は今回の事件でハ・ミンホと議論した結果、「プロデュース101」シーズン2からの降板を決定し、事務所との契約解除も決定いたしました。

ハ・ミンホも練習生として物議を醸した点について深く反省しており、ユ・ソンホに名前を変えてアカウントを脱退したのは、CUBEエンターテインメントの練習生ユ・ソンホを名指ししたものではなく、友人とのイタズラから生まれた誤解であることをお知らせします。

今後、THE VIBE LABELはこのような不祥事が発生しないよう、練習生(キム・テドン、ソン・ヒョヌ) の管理に全力を尽くす所存であり、今回のことで傷ついたであろうすべての方々にもう一度お詫び申し上げます。