「プロデュース101」側、海外投票&IDの取引に対し調査中…公正性や個人情報流出が懸念

写真拡大

Mnet側が「プロデュース101」シーズン2の海外投票、IDの取引と関連し、状況を把握している。

Mnetの関係者は7日、マイデイリーに「ID事件と関連して状況を把握しているが今日中に明確に確認することはできないだろう」と伝えた。

これに先立ってこの日「プロデュース101」の投票のため、海外でIDを取引している状況がキャッチされ、論争になった。投票権限がない海外ファンたちに、投票権限があるIDを販売しているのだ。公正性はもちろん、個人情報の流出も懸念される状況だ。

それだけではなく「プロデュース101」はこの日、カン・ダニエルに続きキム・ドンビンまで不正行為の疑惑が浮上し、問題になった。