ゴールデンウイークに関して中国の旅行サイトが関連データを公開している。海外旅行先で日本が人気を集めた一方、韓国が人気旅行先から姿を消した。写真は東京。

写真拡大

日本は8日がゴールデンウイーク(GW)明けの初出勤日だが、中国は5月1日のメーデーに合わせ連休となり、今年は4月29、30日、5月1日の3日が休みだった。GWに関して中国の旅行サイトが関連データを公開しており、GW期間の海外旅行先で日本が人気を集めた一方、韓国が人気旅行先から姿を消したことが分かった。中国経済網が伝えた。

中国の国家旅遊局(国家観光局)のデータによると、中国国内の期間中の観光収入は791億元(約1兆3000億円)に達し前年同期比で16.2%の増加となった。上海ディズニーランドといったテーマパークが人気を集めた。

一方、海外の旅行先では距離が近いタイ、マレーシア、ベトナムといった東南アジアのほか、日本の人気が高い。中国の旅行サイト・途牛旅行網が統計したGW期間の海外人気旅行先では、タイ、日本、インドネシア、フランス、イタリア、スイス、シンガポール、モルディブ、ドイツ、マレーシアとなっており、かつては人気だった韓国の姿がなかった。

同じく中国の旅行サイトである美団旅行のデータでも、海外人気旅行先のトップ10に韓国の姿はなかったという。韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐって中韓関係が冷え込んでおり、この影響が多方面に広がっている。韓国観光業も影響を受けているとみられ、中韓関係の今後の展開に注目が集まる。(翻訳・編集/内山)