4月2日に公開された演習 Reuters/AFLO

写真拡大

 闇に紛れ、アメリカ空軍の戦略爆撃機B1Bが北朝鮮領内に侵入した。ステルス性能を持ち、約60tもの爆弾やミサイルを搭載できる同機は、“死の白鳥”の異名を持つ。B1Bはマッハ1.25の超音速で飛び、北朝鮮のミサイル基地や防空レーダーを次々に破壊。

 続いて飛来したのは、アメリカ軍の特殊部隊支援輸送機MC130と特殊戦ヘリMH47だった。それらには“ニンジャ・フォース”と呼ばれる米海軍所属の特殊部隊「DEVGRU」や、韓国で新たに創設された「“北朝鮮首脳部除去”特殊任務旅団」が搭乗していた。ニンジャ・フォースは、ウサマ・ビン・ラディンの暗殺作戦で知られる最精鋭の部隊だ。

 彼らは“目標”の近くで一気に降下し、暗闇の中、「最高権力者」がいるその場所へと突入していく。これが、米軍が金正恩殺害作戦を実行する際に考えられるシナリオの1つだ。

 4月15日の北朝鮮の太陽節(金日成主席の誕生日)では、新型ミサイルを公開した大規模な軍事パレードが行われ、翌16日には中距離ミサイルを発射した。ミサイルは発射後すぐに爆発して失敗に終わったが、引き続き緊張は高まっている。

 3月1日から約2か月にわたって行われた米韓合同軍事演習は、両軍あわせて約30万人が参加した。同軍事演習では、4月2日に韓国南東部の浦項で行われた大規模な上陸訓練の様子が報道陣に公開された。さらに同11日には、海上の輸送船から物資を陸揚げする訓練が公開された。4月の訓練を現地取材した在韓国カメラマン・申光秀氏が語る。

「この訓練は初めて陸海空の3軍が連携する形で行われ、非常に実戦的でした」

 米韓合同軍事演習は毎年行われているが、今年はこれまでにないほど緊迫感を持っていた。軍事評論家で元航空自衛隊3佐の潮匡人氏はこう解説する。

「今回の米韓合同軍事演習は過去最大規模で、『キー・リゾルブ』と『フォール・イーグル』という2つの訓練が行われました。前者は朝鮮有事を想定した図上演習で、後者は実際の兵器・装備を使った野外機動訓練です。

 演習では、空母カール・ビンソンが投入され、ステルス爆撃機も参加した点が注目されます。また、在韓米軍の地下坑道での掃討訓練の様子が初めて公開されるなど、特殊部隊による金正恩の“斬首作戦”が示唆されました」

 訓練には、“ニンジャ・フォース”DEVGRUやデルタ・フォースなどの特殊部隊、さらに“死の白鳥”B1Bや同じくステルス戦闘機のB22も参加。それらの訓練や部隊の役割を総合すると、冒頭のようなシナリオが想定されるのだ。

※SAPIO2017年6月号