7日、シェア電動バイクのバッテリーが無くなるという事例が発生したことについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はシェア電動バイク。

写真拡大

2017年5月7日、中国のポータルサイト・今日頭条はシェア電動バイクのバッテリーが無くなるという事例が発生したと伝えた。

中国ではシェア自転車に続いて一部の都市ではシェア電動バイクのサービスが始まっている。しかし、5月6日に上海市楊浦区に停めてある1台のシェア電動バイクはバッテリーが外された状態になっていたという。

記事は、中国のネットユーザーから「心配していたことが起きた」との意見があることを紹介。電動バイクに使用されているバッテリーはリチウムイオンバッテリーで、鉛バッテリーと比べて軽くて長持ちするが価格が高めだ。そのため、電動バイクのバッテリーは故意に持ち去られた可能性が高いという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「中国でこういうものは適切でない。国民の民度がなってない。自己中心的すぎるんだ」「中国全土のシェア自転車を取りやめにした方がいい。国民の民度を映す鏡になっている」「これは物質的に貧しいのではなく精神的に貧しいゆえだ」などのコメントが寄せられた。

また、「このサービスを始めた人は中国人の民度を高く見積もりすぎだ」「バッテリーにGPSをつけて、盗んだ人を捕まえるべき」「シンガポールのようなむち打ち刑を導入することを強く求める」などの意見もあり、こうした行為を非難するコメントが大半を占めた。(翻訳・編集/山中)