任天堂のゲームキャラを着られる

写真拡大

ユニクロは、任天堂(Nintendo)のゲームキャラクターがテーマのデザインコンペティション、「UT GRAND PRIX 2017」受賞作品をデザインしたTシャツ全31種を2017年5月19日に発売する。

グランプリ作品はじめ25柄、全31種

16年夏から全世界でデザインを募集し、過去最多となる1万6000を超える応募の中から、マリオの生みの親、宮本茂氏と任天堂チームによる審査を行い、25柄のデザインを選出。

グランプリは川添隆氏による、任天堂の代表作「スーパーマリオ」からマリオが飛び出したようなデザイン。2位は山崎志野氏による、インクの音が聞こえてきそうな「スプラトゥーン」モチーフのデザイン。3位は、デビット・リカルド・フロレス・ゴメス氏による、「ゼルダの伝説」のストーリーや世界観を乗せたデザインだ。

このほか「ポケットモンスター」「スターフォックス」「ピクミン」「星のカービィ」「どうぶつの森」「ドンキーコング」「メトロイド」デザインをラインアップする。

サイズと価格は、メンズ(XS〜4XL)1500円、ウィメンズ(XS〜3XL)1500円、キッズ(100〜150)990円(全て税別)。