オーストラリアの風景写真家であるデイル・シャープさんは、1度目のプロポーズ作戦で大失敗。今度こそは記憶に残るプロポーズをしようと決意したところ、絶好のタイミングに恵まれ、世にも美しいプロポーズ写真を撮ることに成功したのだとか。今、世界中で話題になっているという2人の素敵な婚約秘話をコスモポリタン アメリカ版から。

シャープさん(34)が同じく風景写真家である恋人のカーリー・ラッセルさん(29)にオーロラの下でプロポーズしたのは、2人がつきあい始めて7年目のこと。

もっとも、最初にプロポーズを試みたのは、その9カ月前。旅行先のアイスランドでプロポーズしようと、ハンドクリームのボトルに指輪を隠しておいたところ、荷物がまさかの重量オーバーとなり、 4000ドル(約45万円)の指輪が入ったそのボトルはゴミ箱行きに…!

「僕がそれを知ったのはその約1週間後、指輪を出そうとあちこち探していたときでした」とシャープさん。「あのボトルはどこに置いたのかと彼女に聞いたら、空港で捨てたって」。

そうして、ロマンチックになる予定だったアイスランド旅行はあえなく失敗。でも、シャープさんは再び新しい指輪のためにお金を貯め、2カ月に及ぶ北極圏旅行に賭けたのだとか。当初の予定では交際7年目の記念日にプロポーズするつもりだったけど、見事なオーロラを前にして、予定を変更したそう。

その瞬間の写真がこちら。

Lofoten, Norway… ______________________________________ WE'RE ENGAGED! What a better way to propose than in the heart of the Arctic Circle under the Northern Lights. It's taken a few years to plan but I always had this moment in mind & it seemed fitting as we are both landscape photographers who share a passion for photographing the aurora. Originally I was going to propose in Iceland last year but unfortunately Karlie decided to discard my secretly stashed ring (yes, that actually happened 😂 lol, we were trying to cut weight on a connecting flight from the Faroe Islands). Fortunately though my plan worked & tonight the aurora was firing in one of the most incredible displays of colour we have ever seen. I tricked Karlie into believing we were shooting a selfie & used a torch to light us up for the image. Much to her shock, it wasn't any normal selfie, and much to my shock, she said yes! 😝 This is a single image that was taken during the proposal. And now we may not have any of our own images up hanging on our walls at home...we may however, make an exception for this one. 💍 Dale & Karlie

A post shared by Dale & Karlie | Gold Coast 🇦🇺 (@dkphotographyau) on

ノルウェー、ロフォーテン諸島――婚約しました! オーロラの下、北極圏の中心でプロポーズするほど最良の方法はないでしょう。計画には数年かかったけど、いつもこの瞬間を思い描いていたし、僕らは2人ともオーロラの撮影に情熱を持っている風景写真家だから、これがふさわしいと思いました。本当は去年アイスランドでプロポーズするつもりだったけど、僕がこっそり隠しておいた指輪をカーリーが捨ててしまったので(はい、実話です、笑。フェロー諸島に行く乗り継ぎ便で荷物の重量を減らそうとしたんです)。幸い、今回は僕の計画がうまくいき、今夜は今まで見た中でも最高の色合いでオーロラが輝いていました。僕は「セルフィーを撮るためにヘッドライトをつけよう」と言ってカーリーをだましました。いわゆる普通のセルフィーではなかったことに彼女は感動してくれたし、プロポーズにOKがもらえて、僕も感動しました! これはプロポーズの間に撮れた唯一の写真です。

「僕らが見た中でも最も美しい色合いのオーロラでした」とシャープさん。「このチャンスをフルに活かして、最高の瞬間にプロポーズしたいと思いました。で、そのタイミングがやってきて、やらない手はないと思ったんです」。

風景写真家としての経験により、どうしたらその瞬間を捉えられるかを熟知していたシャープさん。オーロラが輝き始めると、ヘッドライトを点け、オーロラを背にして2人が浮かび上がるように準備したのだとか。そして、カメラのタイマーをセットし、救急バッグから指輪をとり出したそう。

「皮肉なことに、僕らは風景写真家なのに、自分たちの写真は1枚も壁にかかっていないんです。だから、これは特別に大切な写真になりました」。

そんなカップルの美しい婚約写真は、今や世界中でシェアされています。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US