スペイン国王夫妻訪仏時のエマニュエル・マクロン前経済相とブリジット夫人(写真=ロイター/アフロ)

写真拡大

フランス大統領選挙に勝利した、エマニュエル・マクロン氏(39歳)が国内で大人気だ。穏健派で知的な政治家である彼の妻は、25歳年上で64歳の超熟女。しかも中学時代の恩師だというのである……。

■中学時代の恩師(25歳年上)と結婚するってアリですか

フランス大統領選挙第1回投票が終了し、決選投票はいよいよ極右政党・国民戦線のマリーヌ・ル・ペン党首と中道派独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相の一騎打ちとなることが決まった。決選投票は5月7日に行われる予定なので、このコラムをごらんいただく頃にはそろそろ結果が出ていることだろう。

一昨年以来、英国のEU離脱や米国トランプ大統領の当選など、予想外の結果に大きなダメージを受けた世界のマスコミや市場は、財政の健全化など、よりグローバルな金融市場の期待に応える傾向の「良識ある」マクロンの勝利を祈るかのように予言しており、フランス国内でもマクロンへの期待は熱い。「もはや事実上マクロン大統領の誕生だ」と言い放つ左派フランス人も少なくない。

そんな盤石の支持がある上、イケメンで穏健で賢くてフランス国内では大人気のマクロンだが、国外からは「なんかおかしくないか……?」と含み笑いの声が上がっている。いわゆる「未来のファーストレディ」たるマクロン夫人とのツーショットを見たときに、二人の関係性がとっさに分かりづらく、拭いがたい違和感を醸し出しているのだ。一体、その違和感はどこからくるのか? 現在39歳の若さみなぎる政治家マクロン。その夫人・ブリジットは、彼より25歳年上の64歳、しかもなんとマクロンの中学校の恩師なのである……。

■これを論じずにいられようか

私が昨年上梓した『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)では、まえがきの直後から「アラフォーの私たちは吉田羊の夢を見るか?」と題し、アラフォーの星である女優・吉田羊がなぜ「自分の息子ほど若いアイドル」に行くのか、と40代女性と20代男性の「魔の刻」恋愛について論じているくらいだ(http://president.jp/articles/-/19801)。マクロン夫妻のこれを見過ごせましょうか。ねえ、みなさん。

息子と母親ほどの年齢差の恋愛は成立するのか(←少なくともマクロン夫妻には成立している)、それはいったいどういう感情なのか(←少なくともマクロン夫妻はラブラブだ)、そしてそれは「マニアック」なのか、それとも「ロマンチック」なのか? 余計なお世話と自覚した上で、これが今回の脳内エア会議の議題でございます。

■トランプとメラニア夫人だって24歳差だけど……

フランスの外、例えばアメリカではメディアやネットユーザーが「え……マクロン本気(マジ)なの?」とザワザワしつつ、でも翻ってトランプと夫人も24歳差だと自分たちで指摘しあい、「うーん、そうか……」と自分たちを懸命に納得させようとしているのが微笑ましい。

性別が逆転して男性の方が年上、女性が超絶若いというケースなら、25歳差婚もそれほど珍しくはない。「ははっ、若いのが好きか〜。まあ大金持ちだし3人目の妻だし、仕方ないな〜。好きにすれば」と笑われて、もしかしたらうらやましがられて終わりである。

だがマクロンに関しては、本国フランスを除けば「あいつ……変わってるよなぁ」という扱いだ。面と向かって指摘することも笑うこともなんとなくはばかられ、わりと「マニア」だと思われている。この違いは何なのか。

■マクロンとブリジット、二人の出会いから結婚まで

英インディペンデント紙が、さんざんマクロン夫妻のカップリングをからかっている(http://www.independent.co.uk/news/world/europe/emmanuel-macron-wife-brigitte-trogneux-french-election-president-25-years-older-age-gap-married-a7699786.html)のだが、その記述を元に、二人の愛の歴史をまとめよう。ブリジットは現在64歳、夫の25歳年上で、7人の孫を持つ女性である。かつてブリジットは銀行マンと結婚しており、私立校で教師として働いていた頃、当時15歳の生徒、エマニュエル・マクロンと出会った。二人の関係は教師と生徒(40歳と15歳)、さらに同じクラスにはマクロンと同い年の娘が在籍していた。

ブリジット・バルドー風のファッションに身を包んだ彼女は、ラテン語とフランス語、そして演劇を教えていたが、神童とも呼べる優秀さを示していたマクロンからのリクエストで毎週金曜日の個人指導が始まり、「そんなもん疑いなしに、先生生徒の関係を超えてムニャムニャなことになったに決まっているけれど、フランス法でさえ権威ある大人が18歳未満の少年と性的な関係を結ぶのは違法と定めている」(インディペンド紙、同記事より)。

ブリジットはパリ・マッチ誌のインタビューにこのように答えている。「少しずつ、私は彼の知性に溺れていったわ。いまだにその底を見たことがないほどよ。そして彼にのめり込んでいった。彼もね」。……読んでいるこちらが恥ずかしくなってしまうくらいである。そして17歳の時、マクロンは「あなたがどういう状態でも構わない、僕はあなたと結婚する!」と宣言したのだそうで、やがてブリジットは離婚に至り、二人はマクロン29歳、ブリジット54歳の時に結婚した。繰り返すが、ブリジットにはマクロンと同級生の娘がいる。

たとえフランスにあっても、やはりその結婚は彼らの地元でも「純粋に、スキャンダル」だったそうだが、今となっては出会いから25年間ずっと、二人の間に知的で強い結びつきがあること自体が「全てを制圧し、黙らせる愛」の証なのだそうだ。はいどうも、ごちそうさま……。

■フランス各誌でブリジット賛歌がすごい

さて、これが日本だったらお騒がせ政治家として、なんとなくイロモノ扱いされる可能性だってあるのだが、フランス国内ではマクロン夫妻は憧れの的であり、ロマンスの象徴である。男女問わず恋愛至上主義のフランス的価値観においては、大小の障害があろうともそこまで愛せる相手を見つけたことが「羨ましいほどの」運命であり、その運命の相手とさまざまを乗り越えて結ばれるなんていうのは、もう「ロマンチック〜ぅ」と身悶えするほどなのだという。

道理で、マクロンが大統領選に名乗りを上げた頃から、早くもブリジットは「素敵!」と数多の雑誌でフィーチャーされ、その日常をカメラに収められ、特に女性が読むようなゴシップ各誌で表紙を飾るようになってきた。そして彼女のすごいところは、64歳とは思えぬほどのプロポーションを維持し、しかもそこにハリウッドスターのような人工的な努力の跡が見えず、かつ「超インテリ」で態度も堂々としていて、39歳のマクロンと並んで歩いたり、勝利のキスをしたりといった場面さえも非常にメディア映えするところだ。

「あれは本当にフランス的な、“いい女”ですよ」と、フランス生活の長い、ある日本人女性は言う。「振る舞いからもファッションからも、自信と教養に裏打ちされた色気がにじみ出ている。エマニュエル・マクロンほどの優れた男が15歳で雷に打たれ、一生を投じて選ぶのもわかります」。

自身もかなり年上の妻と結婚した都内在住の建築士の男性は、年上妻の魅力を「精神的にも経済的にも自立しているので、夫に期待したり押し付けたりすることがなく、自由にさせてくれる部分」と語る。年下の女性との関係では得られなかった安心や信頼のおかげで、精神的な結びつきが非常に強く、それだけに肉体的にも……なのだそうだ。野暮なことを突っ込んで聞いたこちらが赤面してしまうようなラブラブぶりである(なんかゴメン)。年上妻と結婚した年下夫は、いろいろ満足度が高いのだそうです。ふーん……。

■恋愛至上主義フランスの不思議

我々にとってはビックリなマクロンの年の差婚だが、並み居る歴代大統領たちの愛の遍歴の前ではそれほどの驚きでもないのが、さすがのフランスクオリティと言えよう。「ミスター普通」と呼ばれるもっさりとしたオランドおじさん……もとい、オランド現大統領さえも、愛人である17歳年下の女優、ジュリー・ガイエの元へ通う姿を写真に撮られ、数日後に事実婚だった女性との関係を解消している。

歴代フランス大統領は、軒並み愛人がいた、あるいは恋愛関係が派手なことで有名だ。フランソワ・ミッテランには愛人も隠し子もいたし、ジャック・シラクも数人の愛人がいたことをのちに認めている。いかにもモテそうな(個人的な見解である)ニコラ・サルコジなどは3度結婚しており、大統領になる前に2人目の夫人に愛想をつかされ、その後再婚したのはあの元スーパーモデルでインテリの(そしてエリック・クラプトンやミック・ジャガーやドナルド・トランプといった名だたる色男、大物達と浮名を流し続けた)カーラ・ブルーニである!

「政治家としての人格と、プライベートの人格は別」という感覚が共有されるフランス社会。「アムール(愛)こそが人生」なので、不倫だろうが離婚だろうがなんだろうが、大統領の恋愛生活をあれこれ言うのは野暮の極みなのだという。

かつての学生運動や社会運動の激しさ、今なお続くテロへの抗議行動や、頻繁な労働ストなどを考えるに、あれほどイデオロギーのためなら断固として戦う「闘争の人々」たるフランス人が、こと恋愛となるとその拳を下げ、途端に優しく柔らかく寛容な態度を示すのも面白い。

「人間はギャップと恋に落ち、欠損を愛する」との恋愛名言があるが、マクロン夫妻の愛は、そのギャップの最たるロマンスの形。フランス国外の口さがない人々が「マニアック……」と引く25歳年齢差婚を貫く夫マクロン(39)と妻ブリジット(64)は、もしやグルメ大国フランスならではの、最上級にロマンチックなグルマン(食い道楽)なのかもしれない。

----------

河崎環(かわさき・たまき)
1973年京都生まれ、神奈川育ち。乙女座B型。桜蔭学園中高から転勤で大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部に入学。奥出直人教授のもとで文化人類学・比較メディア論を、榊原清則教授のもとでイノベーション論を学ぶ。大学の研究者になることを志し、ニューヨーク大学ビジネススクールの合格も手にしていたが、子供を授かり学生結婚後、子育てに従事。家族の海外駐在に帯同して欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での暮らしを経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどに寄稿・出演多数。教育・子育て、グローバル政治経済、デザインそのほか多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続け、政府広報誌や行政白書にも参加する。子どもは、20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)。

----------

(河崎 環=文 ロイター/アフロ=写真)