ジェイコブス・クリーク スパークリング 江戸風鈴

写真拡大

オーストラリアのワインブランド「ジェイコブス・クリーク」は、江戸風鈴にインスパイアされたスパークリングワイン「ジェイコブス・クリーク スパークリング 江戸風鈴」(2145円)を、5月22日(月)から夏季限定で発売する。

「ジェイコブス・クリーク スパークリング 江戸風鈴」エンドーサーの篠原儀治氏

「ジェイコブス・クリーク スパークリング 江戸風鈴」は、日本の伝統職人が熟練の技で作り上げる、目にも耳にも涼しげなガラスの芸術品“江戸風鈴”の涼やかさを、香りや味わい、ボトルデザインで表現した日本の夏だけの限定品。レモンの爽やかなアロマといちごのほのかな甘酸っぱい香りは、夏の風に涼しげに揺れる江戸風鈴とその音色を思わせ、繊細な泡立ちが爽快感を引き立てる。

ラベルデザインには、風になびく涼やかな風鈴をモチーフに採用。ガラス風鈴を造り続けている製造所「篠原風鈴本舗」会長の篠原儀治氏の印が配され、液色が見える青色を帯びた透明のボトルやシルバーのボトルネックは清涼感を表現している。この夏は風鈴の音色とともにさわやかなスパークリングワインを堪能してみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】