写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Saleshub社は8日より、完全成果報酬で顧客の獲得ができるリファラル営業プラットフォーム「Saleshub(セールスハブ)」の企業向け事前登録を開始した。同社は本製品で、精神的、時間的コストの大きかった法人営業の効率化を実現し、BtoB事業の流通網となることを目指す。

本製品は、顧客を紹介して欲しい企業と、顧客を紹介できる個人をマッチングするサービス。企業は低コストで見込み顧客を獲得でき、紹介者は紹介ひとつで祝い金として報酬を得る。

これまで、法人企業における新規開拓営業は営業マンの精神的負担が大きいうえに、成約にもなかなか繋がらず、非効率なものだった。また、近年副業をする人が増えているが、営業マンやビジネスマンが気軽に副業をできる環境はまだまだ整っていない。同社はこの2つを本製品で解決する。

企業向けの管理画面からは「紹介依頼管理」や「メッセージ一覧」などの各種機能を利用できる。また、メッセージはスマホでも利用可能で、紹介者とチャット形式で気軽に連絡をとることができるという。

すでに、ITスタートアップや電力会社、築地の仲卸業者等、30社以上の企業が導入を検討しているとのこと。本リリースは5月下旬を予定している。

(田中省伍)