イマドキの子ども。

タブレットにセンサー内蔵おもちゃと、テクノロジーを身近に感じる現代の子どもたちですから、これくらいじゃ驚かないかもしれません。親世代はびっくりしますが、電気自動車ベビーカーの登場です。(関連記事:3歳児から小学生まで。プログラミングを学べるおもちゃまとめ

D.Throne開発の電気自動車ベビーカーは、その名の通り。ベビーカーのカーの部分が電気自動車になっています。親が握るハンドルがなければ、ただの小さな電気自動車です。




ハンドルのついた三輪車が最近人気ですが、ベビーカーというよりも乗り物玩具です。クラシックカー調のデザインで、映画のセットのような雰囲気。




子ども用おもちゃといっても、3,000ドルととんでも価格。それもそのはずで、ヘッドライトに、サスペンション、モーター、実際に運転できるし、シートはレザーです。

…これ、子どものために買うなんていって、欲しいのは親でしょうに。


・子どもの肥満対策に! タブレットホルダー付きエアロバイクが登場
・親も子どもも夢中に。「KOOV」が我が家で大ヒットしたわけ

top image: D.Throne
source: D.Throne via Notcot, Instagram

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(そうこ)