7日、台湾の馮世寛国防相は、台湾は中国を抑止するために北朝鮮のように核兵器を開発することはしないと語った。資料写真。

写真拡大

2017年5月7日、台湾の馮世寛(フォン・シークワン)国防相は、台湾は中国を抑止するために北朝鮮のように核兵器を開発することはしないと語った。米華字メディアの多維新聞が伝えた。

馮国防相は、新北市の淡江大学で行われた国家安全保障戦略に関するフォーラムで、「われわれは北朝鮮ではない。核兵器開発能力もない。北朝鮮の足跡をたどり、交渉の切り札として核危機を生み出すことは決してしない」とし、「東アジアの平和に関心を持つ国は、われわれのこうした表明に喜びを感じ、拍手を送るべきだ」と述べた。

また「中国の軍事力はこの20年余りで飛躍的に伸び、空母と爆撃機が(沖縄、台湾、フィリピンを結ぶ)第1列島線を越えて(太平洋で)訓練を行うことができるまでに成長している」とした上で、「台湾周辺の航行と遠隔地での海上訓練はわれわれに圧力を掛けており、戦闘態勢を引き上げることを余儀なくされた」とも述べた。(翻訳・編集/柳川)