男子テニス、BMWオープン、シングルス決勝。トロフィーを手にポーズをとるアレクサンダー・ズベレフ(2017年5月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニス、BMWオープン(BMW Open 2017)は7日、シングルス決勝が行われ、大会第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)が地元ミュンヘン(Munich)で初優勝を飾った。

 20歳のズベレフはこの日、予選勝者で世界158位のギド・ペラ(Guido Pella、アルゼンチン)を6-4、6-3で一蹴。試合時間はわずか1時間12分だった。

 昨年9月のサンクトペテルブルク・オープン(St. Petersburg Open 2016)と今年2月の南フランス・オープン(Open Sud de France 2017)に続くツアー3勝目を飾ったズベレフは試合後、自身と同じ名前の父アレクサンダー(Alexander)さんに感謝の気持ちを述べた。

「すべてのタイトルが父にとっても大きな意味を持つ。父抜きでは不可能だっただろう」

 優勝賞金8万5945ユーロ(約1060万円)を手にしたズベレフは、8日発表の世界ランキングで19位に浮上している。
【翻訳編集】AFPBB News