写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは5月8日、4K HDR対応の有機ELテレビ「BRAVIA A1」を発表した。サイズは65V型と55V型を用意する。発売は6月10日で、価格はオープン。推定市場価格は65V型の「KJ-65A1」が800,000円前後、55V型の「KJ-55A1」が500,000円前後。2017年秋以降には、77V型モデルも発売する予定だ。

A1は、有機ELテレビ向けにチューニングされた最上位プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、高画質を実現したモデル。画面の傾斜は5度で固定となっており、ベゼルの幅は極狭に設計、これにより再生した映像だけが浮かんで見えるようなデザインに仕上がっている。

音響面の大きな特徴は、スピーカーを省略し、テレビの画面そのものからから音が出ること。背面の左右に搭載した内部パーツ「アクチュエーター」をがフロントパネルを振動させることでサウンドを出力する。同技術は「アコースティック サーフェス」と呼ばれ、前述の特別なデザインとの組み合わせにより、映像と音が融合したような没入感の高い映像表現を可能にしている。なお、低域は背面のスタンド部分に搭載したサブウーファーでサポートする。実用最大出力は50W (10W×5)。

Android TVを採用しており、アプリはYouTube、Netflix、Hulu、AbemaTV、スポナビライブ、DAZN、dTV、クックパッドなどに対応。リモコンには音声検索機能を搭載している。

チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×2基を搭載。インタフェースはHDMI入力×4、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン出力×1 (サブウーファー出力兼用)、アナログ音声出力×1、USB×3、有線LANなどを装備している。ワイヤレス機能はBluetoothと無線LANに対応。

外形寸法と重量は、65V型の「KJ-65A1」がW145.1×H83.2×D33.9mm / 36.2kg、55V型の「KJ-55A1」がW122.8×H71.0×D33.9mm / 28.8kg (いずれもスタンド含む)。

○BRAVIA製品群におけるA1のポジショニング

BRAVIAシリーズでは最上位として液晶テレビ「Z9D」(2016年発売)がリリースされているが、今回のA1は"有機ELテレビとしての最高画質モデル"という位置づけ。ソニーは、両機のポジショニングについて「Z9DとA1はそれぞれの方向性での最高画質」としており、Z9Dがフラッグシップであることに変わりはないという。