ジョン・タバキン、幻のアルバムが全世界500枚限定でリリース

写真拡大

 ジョン・タバキンによる幻のセルフ・タイトル作が、全世界500枚限定でリリースされる。

 ジョン・タバキンは、10代の頃は地元のバンドで活動していたが、19才の時、オートバイの事故にあったことを契機に、プレイヤーではなく、曲と詞を書くことに焦点をあてるようになっていった。学校を卒業した後、自分が書いた曲を販売したいと考えるようになり、それがソロ作品へと繋がっていった。

 こうして、彼はテアックの4トラックを買い、アパートにはキーボード、ギター、ヴォーカル用のマイクを設置し、レコーディングを開始。リズムセクションは後にスタジオで追加され、ベースは彼自身がオーバーダビングをした。

 完成したアルバム『ジョン・タバキン』は、自主レーベル<Larrow Records>の名でプレスされ、僅か数枚が地元で販売されたが、それが他の地域でリリースされることはなかった。こうして作り上げたポップ・アルバムが全く興味を示されなかった為、クラシカルなピアノの即興にその音楽スタイルを変化させていった。

 RCAが、ジョンの新しいスタイルに興味を持ったが、彼がツアーに出ることを躊躇した為、両者の関係は終焉をむかえた。その結果、彼は音楽から離れ、大学院の研究に進み、サイコアナリストとなった。後に、彼が残した最初で最後のアルバムは、「これほどまでに完璧なポップ・アルバムはない」とマニアの間で噂されるようになり、Waxidermy 100にも選出されるコレクターズ・アイテムとなった。しかし、そのプレス枚数は極端に少なかった為、常に中古市場で破格の値段で取引がされていた。


◎『ジョン・タバキン』トラックリスト
01. It’s Never Too Late To Smile
02. Your Eyes
03. I’ve Got Bad News
04. Where Are The Angles?
05. The Days Were Long, The Nights Were Sweet
06. Home Is Us Together
07. It’s The Little Things
08. I’m Gonna Love You
09. Let’s Do It Again
10. I Never Realized
11. I’m Takin’ My Time
12. You Mean Much More To Me

◎リリース情報
『ジョン・タバキン』
ジョン・タバキン
2017/6/28 RELEASE
2,300円(plus tax)