7日、環球時報が中国版ツイッターで紹介した日本のネットユーザーの「ある反応」に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2017年5月7日、環球時報が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介した日本のネットユーザーの「ある反応」に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

4月22日、陝西省西安市の高速道路で100台近い車両が約30分間の渋滞に巻き込まれた。そんな中、四川省に向かっていた乗客がイライラを解消しようとダンスを開始し、他の車両に乗っていた人たちも踊りの輪に参加。このニュースを日本のあるネットユーザーがSNSに投稿したところ、想像を超える反響が寄せられたという。

記事は日本のネットユーザーから出たコメントを中国語に訳して掲載、「中国西安の高速道路。待つのが嫌で突然集団ダンスを始める中国人。『ラ・ラ・ランド』か?、ごめん、理解不能」「私もよく分からないけど何だか楽しそう」などという声が上がる一方、「素晴らしいと思ったのは自分だけ?」「とても良いと思った」「平和で楽しそう」「和気あいあいって感じ。日本とは違う」「中国が好きになった」というコメントも見られたと指摘している。

このような日本側の反応に中国のネットユーザーもさまざまな意見を寄せており、「確かに中国の社会は日本より人情味がある」「日本では路線バスの中で赤ちゃんが泣き出すと母親は申し訳なく思ってしまうという話を聞いたことがある。でも、中国だったらみんなで赤ちゃんをあやすよね。これが文化の違い」「もしこれが日本国内だったら…。きっと文句を言われる」「集団ダンスのファンになる日本人がいるなんて思いもしなかった」「日本だっていい国だよ。日本人が中国を褒めてくれるなら中国だって日本を褒めよう」などの声が上がった。(翻訳・編集/野谷)