写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5月10日(水)から12日(金)にかけて東京ビッグサイトで日本最大級のIT展示会Japan IT Week春が開催される。毎年開催される恒例の展示会、今年は約1,600社が出展する。主催者リード エグジビション ジャパンの公式サイトでは出展企業や出展製品なども検索できる。

IoTやクラウド、モバイルにAIやオムニチャネル、AR/VRやセキュリティとITの進化が著しく進む。これらのテクノロジーがビジネスには欠かせない状況となりつつある。Japan IT Weekは、出展者と商談を行える場として、長らく日本のITビジネスを支えてきた実績を持つ。気軽に製品について聞いたり、セッションにおける講演を視聴するなど、ビジネス視点で最先端の日本のITテクノロジーを体験することも可能だ。

2017 Japan IT Weekは、ソフトウェア&アプリ開発展、ビッグデータ活用展、組込みシステム開発技術展、データストレージEXPO、情報セキュリティ EXPO、Web&デジタル マーケティング EXPO、データセンター店、クラウド コンピューティング EXPO、モバイル活用展、IoT/M2M展、通販ソリューション展、モバイル端末・周辺機器展、店舗ITソリューション展から成り、約1,600社が出展する。

また、商談の場が中心となるIT展示会Japan IT Week 春だが、最新テクノロジーと思わず目や耳を奪われる成果物も数多く披露される。聞いたことはあるが、実際にその場で体験したことがない、是非自社にもテクノロジーの導入を考えたいが詳細がなかなかわからない、そんな課題を解決してくれる場は、3日間にわたり開催される。1,600社ととても多くのブースが集う日本最大級のIT展示会。公式サイトでチェックして足を運んでみてはいかがだろうか。

(長岡弥太郎)