(C)2017Twentieth Century Fox
Film Corporation

写真拡大

 「X-MEN」シリーズでヒュー・ジャックマンが演じる人気キャラクター、ウルヴァリンを主人公に描くスピンオフシリーズ第3弾「LOGAN ローガン」のモノクロ(白黒)版が、1日限定で全米公開されると、米エンターテインメント・ウィークリーが報じた。

 前作「ウルヴァリン:SAMURAI」に続きメガホンをとったジェームズ・マンゴールド監督は、DVDとブルーレイの特典映像としてモノクロ版を制作。ハードボイルドな世界観が物語と相性が良かったため、5月16日限定で劇場公開されることになったという。なお、白黒に変換する作業はマンゴールド監督自らが監修した。

 ウルヴァリンことローガンが、不死身の治癒能力を失いつつも、絶滅の危機にあるミュータントの唯一の希望となる少女を守るため、壮絶な戦いに身を投じる。今作を最後にはまり役だったウルヴァリンからの卒業を表明しているジャックマンのほか、プロフェッサーX役のパトリック・スチュワート、物語の鍵を握る少女ローラ役のダフネ・キーンらが共演。日本では6月1日から全国公開。