【バスケット】Bリーグ B1・B2プレーオフ進出チームと組み合わせが決定

写真拡大

 バスケットボールのプロリーグBリーグは7日、レギュラーシーズンの最終戦が行われた。

【こちらも】Bリーグ新潟アルビBB、不適切行為の観客を無期限入場禁止処分へ

 残り1つとなっていたチャンピオンシップ出場枠は、最終戦の大阪戦を80-72で制した琉球が勝ち取り、これでチャンピオンシップ、残留プレーオフ、B2プレーオフに出場する全16チームが出揃った。

■出場チーム・日程は?

 リーグ戦は東地区、中地区、西地区の3地区で実施。B1リーグ、B2リーグとも各地区6チーム、計18チームで争われる。

 リーグ戦の勝数をもとに各順以内での順位を確定させて、出場チームが決定する。

 チャンピオンシップ、B1残留プレーオフ、B2プレーオフの出場チームは下記の通り。

●チャンピオンシップ出場チーム・日程

 全体1位(中地区1位) 川崎ブレイブサンダース 全体2位(東地区1位) 栃木ブレックス 全体3位(中地区1位) シーホース三河 全体4位(東地区2位) アルバルク東京 全体5位(中地区2位) 三遠ネオフェニックス 全体6位(西地区2位) 琉球ゴールデンキングス 全体7位(東地区3位) 千葉ジェッツ 全体8位(中地区3位) サンロッカーズ(SR)渋谷

 <クオーターファイナル(QF)>

 13日、14日、上位チームのホーム、QF、SFともに、2戦先勝方式。

 ・川崎-SR渋谷 ・栃木-千葉 ・三河-琉球 ・A東京-三遠

 <セミファイナル(SF)>

 19日〜22日、上位チームのホーム、QF、SFともに、2戦先勝方式。

 <ファイナル>

 27日、国立代々木競技場第一体育館、1戦決着方式で実施。

●B1残留プレーオフ出場チーム日程

 B1リーグ15位 富山グラウジーズ B1リーグ16位 秋田ノーザンハピネッツ B1リーグ17位 横浜ビー・コルセアーズ B1リーグ18位 仙台89ERS

 <1回戦>

 12日〜14日、上位チームのホームで実施、QF、SFともに、2戦先勝方式。

 ・富山-仙台 ・横浜-秋田

 敗者は次シーズンB2へ自動降格。

 <2回戦>

 19日、国立代々木競技場第二体育館、1戦決着方式で実施。 勝者は残留決定。敗者はB2プレーオフ3位チームとの入替戦に出場。

●B2プレーオフ出場チーム・日程

 全体1位(西地区1位) 島根スサノオマジック 全体1位(中地区1位) 西宮ストークス 全体1位(東地区1位) 群馬クレインサンダーズ 全体4位(ワイルドカード) 広島ドラゴンフライズ

 

 11日〜15日、上位チームのホームで実施、2戦先勝方式。

 ・島根-広島 ・西宮-群馬

 勝者は次シーズンB1昇格決定。

 <3位決定戦>

 20日、国立代々木競技場第二体育館、SFの敗者が1戦決着方式で対戦。 勝者はB1残留プレーオフ下位3位との入替戦に出場。

 <ファイナル>

 20日、国立代々木競技場第二体育館、SFの勝者が1戦決着方式で対戦。

●2016-17入替戦

 28日、国立代々木競技場第一体育館、1戦決着方式で実施。

 ・B1残留プレーオフ下位3位-B2プレーオフ3位

■昇格、残留、王者をかけた熱き戦い

 B1上位8チームによるチャンピオンシップでは、初代王者をかけた戦いが行われる。

 1月の全日本総合選手権では、千葉が川崎に快勝して優勝している。川崎はレギュラーシーズン最高勝率チームとしての意地を見せられるか。千葉にとっては全日本総合選手権との2冠がかかる戦いとなる。

 ただ、トーナメント方式なので勢いのあるチームが勝ち上がる可能性もあり、熱き戦いが期待される。

 残留プレーオフおよびB2プレーオフも、チャンピオンシップと同じく白熱した戦いになりそうだ。

 残留プレーオフはB1リーグ全18チーム中の下位4チームが出場する。自動的に残留できるのは2回戦で勝利した1チームのみ。1回戦で敗退した2チームはB2に自動降格、2回戦で敗退したチームはB2プレーオフの3位と残留をかけて戦うこととなる。

 B2プレーオフも同じく4チームが出場。ファイナルに進出した2チームは、B1リーグに自動昇格できる。SF敗者は3位決定戦を行い、勝者が残留プレーオフ3位と昇格をかけて戦うこととなる。

 チャンピオンシップ優勝チームは、プロリーグとなってからの初代王者となるため、その名前は永遠に残る。また、B1下位チームとB2上位チームにとって、17-18シーズンをB1で迎えるのとB2で迎えるのとでは、集客面でも大きく違いが出る。

 どちらとも意地をかけた熱き戦いを期待したい。