【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李徳行(イ・ドクヘン)報道官は8日の定例会見で、米国と北朝鮮が8〜9日、ノルウェーで「1.5トラック(半官半民)」の協議を行うことについて、「米国の国務省も『政府とは関係ない』と言っている」と述べた上で、「特に(韓国を排除して米国と対話する)『通米封南』とは考えない」との認識を示した。
 テレビ朝日は7日、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務省米州局長が中国・北京を経由し、欧州に出発しており、米国の民間有識者と協議を行う見通しだと報じた。北朝鮮が韓国を排除し、米国と核問題の解決を図る「通米封南」の戦略との指摘も出ている。
kimchiboxs@yna.co.kr