二人で仲良く、ずっと一緒にいるために、彼に不満を伝えることが必要なときもありますよね。でも、「逆切れされてしまうかも」と思って言えないことってありますよね。男性心理に合わせて伝える、とっておきの言い方をご紹介します。

連絡の少ない彼には「あなたが大事だから心配で」




連絡もなく、待ち合わせに何度も遅刻をされたらイヤですよね。なかなか連絡がとれない彼も困りもの。マメな連絡を求めるしつこい女性は嫌われてしまいますが、ある程度の連絡は必要です。

そんな彼には、存在価値を感じたい男性心理に合わせて「あなたに何かあったのかと思ってずっと心配していたの」と伝えましょう。「私が心配だから」ではなく、「あなたが大事だから」連絡がほしいとアピールして彼の心を動かしてみてくださいね。

お願いごとがあるときは「上から目線」をさけて




自分から何も言わなくても「これを手伝おうか?」と気を使ってくれるような男性もステキだけれど、彼がそういうタイプとは限りませんね。その場合は自分からうまくお願いする方法を身につけてしまいましょう。

お願いごとがあるとき、「これをしてくれる?」の言い方はNGです。普通に言っているつもりでも、どことなく上から目線になっていますよね。プライドを大事にする男性心理に合わせて「あなたは背が高いから、これをしてくれるととても助かるの」や「これをしてくれたらすごくうれしい」と言い方を変えてみましょう。

100点を狙わずに「どこまでだったらできるか」を探る




あなたが不満に思うことがあったとしても、何でも思い通りになる男性は存在しません。不満なことを100%直してもらおうとせず、「どこまでだったらできるか」の答えを二人で探す気持ちも大切です。

「AのパターンとBのパターンがあると思うけれど、あなたはどちらがいい?」と、彼に選ばせる聞き方をすると主導権が彼にあるように思わせることができます。AとBがあなたの希望であっても、彼が決めたことになるからです。

彼に不満を伝えるときには、発する言葉に、まず自分のわがままな気持ちや嫌味が入り込んでいないかを考えてみましょう。怒りは悲しみとして表現、要求は下から目線で伝える、をルールにすると意外と簡単ですよ!