「就活」の際に書く履歴書。資格の欄に記入するとき「運転免許は正式な名称で書きましょう」といわれることもあります。普通免許なら「普通自動車第一種運転免許」が正式な書き方ですし、中型なら「中型自動車第一種運転免許」となります。

「履歴書に書く」ために免許を取るという方も多いのではないでしょうか?

でも、就職のために教習所に通って運転免許資格を取っても「仕事の役に立たなかった」ではもったいないですね。免許・資格は職種とマッチングを考えて取りたいものです。

というのも、イチバン一般的であろう「普通自動車免許」で運転できる車両の範囲が狭くなったからです。

2017年3月12日から準中型自動車の新設により「準中型自動車第一種運転免許」が登場しました。この改正により、従来は普通自動車免許で運転できた車種でも、新しい普通自動車免許では乗れなくなる車種があるということになります。

たとえば、引っ越しでよく使われる「2トントラック」ですが、新しい普通自動車免許では運転できません。

引っ越し業者に見積もりを頼むと、単身や荷物の少ない2人暮らしなどで登場することが多い、基幹車種のひとつでもあります。「今回は2トン1台でおさまりそうですね」というセリフを聴いたことがある人もいるのではないでしょうか。

従来は普通自動車免許で運転できたので、配車もしやすいサイズでした。

引っ越しなど運送の業務でも、新人がいきなり運転を任されることはないにしても、免許は同じなのでステップアップのチャンスがありました。

具体的な例として、新しい普通自動車免許でも運転できるのは、トヨタダイナ1.0tonシリーズ ダブルキャブ、いすゞエルフ・フルフラットローシングルタイヤなど、車輌総重量3.5t未満のトラックとなります。

ということで、免許制度の区分、その変更の大きな流れを、運転できるトラックの積載量で見ていきます。

実は、準中型自動車免許登場の前にも変化がありました。それが、2007年(平成19年)6月2日に設けられた「中型自動車免許」。

それ以前は、普通自動車免許で通称「4トントラック」と呼ばれるジャンルのトラックを運転することができましたが、この改正後は新しく免許を取得した場合、おおよそ「2トントラック」までが運転できる対象となり、4トントラックに乗るには中型自動車免許が必要になりました。

そして今回の改正以降は、普通自動車免許で運転できるのは1〜1.5トン積み程度のトラックまでとなり、2トントラックに乗るには、準中型自動車免許が必要となりました。

ちなみに、中型貨物トラックである「8トントラック」は「中型自動車免許」、車輌総重量が25トンに達する大型貨物トラックの「10トントラック」は「大型自動車免許」の取得が必要です。

新設される「準中型自動車」。従来の普通自動車と中型自動車の範囲に食い込むようにして設置される車種区分なので、運転できる範囲も、上下の区分を削って割り込むかたちとなります。

詳しく見ていくと、準中型自動車の区分の範囲は、車輌総重量3.5t以上〜7.5t未満、最大積載量2t以上〜4.5t未満、乗車定員10人以下です。これは、普通自動車の上限であった車輌総重量5t未満かつ、最大積載量3t未満に食い込んでいるので、従来の普通自動車免許で運転できた車種が新しい制度の普通自動車免許では運転できず、準中型免許を取得する必要があるということです。

従来、普通免許で運転できることで、ジャンルが確立していた「2トントラック」。

「2トントラックは2トンなのに、なぜ準中型に入るの?」という疑問もあると思いますが、このジャンルのトラックは最大積載量が2t(〜3t未満)なので2トントラックと呼ばれており、2.5t前後になる車両重量を加えると車両総重量が3.5tを越え、総重量が約5t未満。新制度の普通免許では乗れなくなり、準中型自動車の範疇となるのです。

 

 

 

これまで普通自動車運転免許で運転できていた日野自動車のデュトロやいすゞエルフなどの「2トントラック」は車両重量が3.5トンを越えるものが多く、準中型自動車の区分に移りました。

なぜわざわざ免許をわけたのでしょう?

中型、準中型と相次いで免許区分が細分化された背景には、大型化されてきた貨物車両の死亡事故件数の増加があげられます。

このため、事故の多かった中型貨物トラックを扱う中型自動車免許が新設され、実技等、トラックの運転に適したメニューを組み込みました。しかし、免許取得可能年齢が20歳以上で免許期間が2年間とされたため、運送業に入る新人が乗ることができるトラックが限られてしまうという一面もあったのです。

そこで登場するのが今回の準中型自動車免許。この区分であれば、2トン積みの保冷車なども準中型となり、ある程度のトラックをカバーできる免許を取得できることになります。

なお、準中型自動車免許は普通自動車免許と同様に18歳以上が年齢条件。教習時間は普通自動車免許に比べ、トータルで8時限(学科1時限+技能7時限)増え、その分の受講料は増えます。

しかし、普通自動車免許を取得してから限定解除をする場合、その教習時間は14時限(学科1時限+技能13時限)となり、さらに負担が増えることになります。

ですから、新たに免許をとる場合、2トントラックなどに乗りたいならば、最初から準中型免許を狙うのをおススメします。教習所での教習車両は2トントラックです。

ただし、準中型自動車免許にはAT限定がありませんから、AT限定での免許取得を狙っている場合は、この限りではありません。

では、免許をすでに持っているという場合、どうなるのでしょうか。答えはカンタン。基本的にいままで通りの自動車が運転できます。

 

先に紹介した日野デュトロやいすゞエルフのほか、三菱ふそうキャンターやUDトラックスのカゼットなど、いわゆる「2tトラック」も従来のものなら普通自動車免許で運転可能。

2007年(平成19年)6月1日までに普通自動車免許を取得している場合は、現在の免許証は中型に印がついて「中型車は中型車(8t)に限る」と書いてあるはずです。

これは、最大積載量が5t未満で、車両総重量が8t未満、かつ乗車定員10人以下の自動車までが該当し、中型自動車が新設される前の普通自動車の範囲と同じことを意味しています。そして、準中型自動車免許が増えても同様です。

2007年6月2日から2017年3月11日の間に普通自動車免許を取得している場合、最大積載量が3t未満で、車両総重量が5t未満、かつ乗車定員10人以下の自動車までですから、その限定の記載はおそらく「準中型は準中型(5t)に限る」となると思われます。

またこの時に中型自動車免許を取得している場合、上位免許のため運転できる自動車の種類に変わりはありません。

なお、上位となる中型・大型自動車免許についても少々。

中型自動車免許は、20歳以上の者で普通か大型特殊免許所持歴2年以上の者、大型自動車免許は、21歳以上の者で普通か大型特殊免許所持歴3年以上の者に受験資格があります。

そして、日野レンジャーやいすゞフォワードなどの中型は最大積載量が4.5tから6.5t、車両総重量が7.5tから11t。

  

三菱ふそうスーパーグレートや、UDトラックスのクオンなどの大型は最大積載量が6.5t以上、車両総重量が11t以上というレギュレーションになります。

  

総重量などに限定がない大型自動車免許ですが、1956年8月1日に大型自動車免許と普通自動車免許に区分され、その後1960年に車両区分にも大型自動車が生まれました。そして1967年に受験可能年齢が繰り上げられるなど受験資格の変更がありました。大型自動車免許も、自動車事故の多発により区分された歴史があります。

(古川教夫)

【関連リンク】

警察庁ホームページ 免許区分改正概要PDF
https://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo/kaisei_doukouhou/leaflet_B.pdf

「普通免許」で運転できるクルマの種類が変わったのをご存知ですか?【クルマにまつわる免許・資格おさらい】(http://clicccar.com/2017/05/08/452263/)