写真提供:マイナビニュース

写真拡大

4月29日〜4月30日に千葉・幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2017」。最終日となる30日の超ゲームエリア「超Lステージ」では、2017年6月16日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『ARMS』を用いた、ゲーム実況グループ同士によるバトルが繰り広げられた。

『ARMS』は、バネのようにのびるウデ「アーム」を持ったファイターたちが、 遠近自在、縦横無尽の戦いを繰り広げる新感覚の格闘スポーツゲーム。個性の違うファイターに加え、さまざまな能力を備えたアームを自由に組み合わせて対戦できるのが特徴で、Joy-Conならではの直感的な操作も大きな魅力。もちろん、シングルプレイのほか、TVモードやテーブルモードでのマルチプレイや、オンライン対戦にも対応する。

イベント当日は、3つのゲーム実況グループ「えんもち屋」(そでやま氏/まさし氏/犬助氏)、「◯◯の主役は我々だ!」(鬱先生氏/シャオロン氏/オスマン氏)、「音速兄貴」(セピア氏/ふぁんきぃ氏/recog氏/towaco氏/5月病マリオ氏)が登場し、団体バトルを行った。

対戦ルールは、実況グループ同士による団体戦。1セット3試合ずつ行い勝敗を決めるというもの(1試合2ゲーム先取で勝利)。対戦の組み合わせは、1セット目が「えんもち屋」対「音速兄貴」、2セット目が「えんもち屋」対「◯◯の主役は我々だ!」、3セット目が「音速兄貴」対「◯◯の主役は我々だ!」という形でスタートした。

そして、激闘の末、1位が「えんもち屋」、2位が「音速兄貴」、3位が「◯◯の主役は我々だ!」という結果に。1位に輝いた「えんもち屋」は、パワー系キャラのマスターマミーと投げ技をうまく使って対戦者を圧倒し、さらに強力な「ラッシュ攻撃」(ラッシュゲージがマックス状態で、ZL、ZRのいずれかを押すと3秒間繰り出せる)の繰り出すタイミング、攻撃のかわし方などが飛びぬけていたようだ。

とはいえ、ほとんど『ARMS』をプレイしていないメンバーだが、数分プレイするうち、相手との距離のとり方や、アームで相手の攻撃のガードの仕方、ラッシュ攻撃のタイミングを覚え、緊張感ある戦いを披露。会場を沸かせてくれた。特にイベント後半、ラッシュ攻撃をかわして華麗な逆転劇を繰り広げたtowaco氏には「覚醒した!」コールが巻き起こったほか、悲鳴が飛び出す顔芸と「ゲーム中、突然踊ってみた」モードに突入したふぁんきぃ氏らが、会場を大いに盛り上げた。

また、勝利がかかった局面では、なぜか発表されたばかりの「DNAマン」同士の対決が繰り広げられた。すでに「ヌルヌルとした動きが気持ち悪い」「攻撃が読めない」と評判だが、実況者の面々には非常に美味しいキャラクターのようだ。

ゲームの発売日が近づき、さらなるキャラクターや、新アームの発表が待たれる『ARMS』。今後の続報にも注目していきたい。

(担当ぱぴい)