シックな装いで会場に現れたパリス・ジャクソン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

故マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソンが、毎年5月に開催されるMETガラのレッドカーペット・デビューを果たし、美しさが絶賛されている。

【写真を見る】カルバン・クラインの黒いドレスでキメたパリスの全身ショット/写真:SPLASH/アフロ

ヒッピーファッションがお得意なパリスだが、この日はタトゥーだらけの腕に穴ピアスは健在ながらも、カルバン・クラインの黒いカットアウトのシンプルなファッションで、レッドカーペットを歩いた。フレアードレスがエレガントな装いだったが、ノースリーブの腕を上げた際には、腋毛をパパラッチされるというハプニングが発生。

そして今度は、カジュアルなストライプのニットにジージャンをいうラフな服装に着替えて参加したアフター・パーティで、車から降りる際、ベージュのロングコルセットが丸見えになっている様子がデイリー・メール紙に掲載されている。映画デビューも決まったパリスだが、まだまだ社交界には不慣れなようだ。【NY在住/JUNKO】