春の食材「タケノコ」はダイエットの強い味方!

写真拡大

 春を代表する日本の食材がタケノコ。炊き込みごはんにしたり、煮物にしたりと旬の味を楽しんでいる人も多いと思います。実はこのタケノコ、女性には嬉しい栄養効果がたっぷりということを、ご存じでしょうか。

 まずはなんと言っても、食物繊維が豊富。食物繊維にはお通じをよくするほか、心筋梗塞や糖尿病などの予防にも効果があると言われています。さらに、疲労回復にはたらくビタミンB1や、糖質や脂質の代謝を助けてくれるビタミンB2、抗酸化作用のあるビタミンEなども多く含まれています。

 また、タケノコを下茹でして冷やしたり、水煮の状態のものを買ってきたりすると、節の間に白いものがついていることがあります。

この成分は「チロシン」というアミノ酸の一種。洗い落としてしまうという人も多いのですが、ぜひ取らずに食べてほしいのが、このチロシンです。

 チロシンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の材料。ドーパミンが分泌されると、やる気がアップしたり、ポジティブな気持ちになったり、脳が活性化したりします。またノルアドレナリンが分泌されると、集中力がアップ。

 つまり、精神的に良い効果をもたらしてくれるのです。ダイエットや仕事など、何か目標に向かって頑張りたいときに助けてくれるというわけです。

 そして、カロリーはなんと100gでたったの26kcal。歯ごたえがあるので満腹感も得やすく、たくさん食べても安心。ぜひこの春は、タケノコ料理でキレイを磨きましょう!