ボルボの上級モデル90シリーズのセダン&ワゴンにスポーティモデルとなるRデザインが追加されました。

S90(セダン)、V90(エステート=ワゴン)のRデザインは4気筒2リットル・ガソリンターボ+スーパーチャージャーエンジンで、320馬力の最高出力、400Nmの最大トルクを発生します。1リットルあたりの出力は170馬力にもなる高性能エンジンです。

ギヤボックスは8AT、タイヤは255/35R20のピレリPゼロを履きます。

ここまでのスペックは上級グレードのT6インスクリプションと同一となっています。

 

 

 

Rデザイン専用としては、強化されたサスペンション、ナッパレザーのスポーツシート、パドルシフト、カーボンファイバーパネルなどが装備されます。なかでも走りに大きく影響しているのが強化されたサスペンションです。

S90、V90のサスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン+金属製コイルスプリング、リヤがマルチリンク+複合素材のリーフスプリングとなっています。この方式はすべてのS90、V90に共通(エアサス仕様はスプリングが空気バネになる)ですが、Rデザインはスプリングの硬さをアップ、それに合わせショックアブソーバーの減衰力も50%アップした仕様となっています。

この効果は絶大で、同じエンジンを搭載するT6インスクリプションに比べて乗り心地もコーナリング性能もいい方向に向いています。サスペンション関連が硬くなっているので乗り心地が悪くなりそうなものですが、全体としてのまとまり感が上がり、どちらもいい方向に向いているという印象です。

乗り心地にはリヤサスペンションが大きく影響しますが、このS90、V90はリーフスプリング、いわゆる板バネを使っています。一般的にリーフスプリングというとトラックなどに使われているもので、乗り心地は悪いという印象ですが、S90、V90はまるで異なります。トラックなどはクルマの前後方向にリーフスプリングを配置しますが、S90、V90はクルマの横方向にリーフスプリングを配置します。左右のサスペンションアームをリーフスプリングで連結しているので、リーフスプリング自体がスタビライザー効果を生みます。

またトラックでは鉄製のリーフスプリングを数枚を重ねて使いますが、S90、V90では複合素材のリーフスプリングを1枚で使っています。この方式がそもそも乗り心地をよくしています。30cmの定規(できれば金属製)の両端を持って曲げてみてください。最初は柔らかく簡単に曲がりますが、曲げる量が増えると硬くなかなか曲がらなくなります。リーフスプリングも同じ特性で、最初は柔らかく次第に硬くなります。これが乗り心地とコーナリング性能を両立できる秘密です。数枚を重ねとスプリング同士がこすれ合い、大きな荷重に耐えますが、特性は安定しません。S90、V90では複合素材の1枚ものとすることで、理想的なバネ定数とその変位を確保しているわけです。

S90、V90に積まれる320馬力のツインチャージドエンジンは、アクセルを踏み込んですぐに高いトルクを発生。非常に力強い加速を披露します。8速のギヤボックスもパドルシフトによって、クイックにシフトチェンジも可能です。シャシー、パワートレインともにスポーティな味付けはセダン、ワゴンのボディタイプを感じさせないものです。

S90は749万円、V90は769万円。同じエンジンを積むインスクリプションよりもS90で93万円、V90で30万円リーズナブルな価格設定となっています。もちろん装備が異なるからですが、装備よりも走り……という方はRデザインを選ぶという、賢明な方法もあります。
(諸星陽一)

ボルボ最上級セダン&ワゴンのRデザインは走りで選ぶ【VOLVO S90,V90 R-Design試乗】(http://clicccar.com/2017/05/08/466916/)