ストレスに負けず、心身共に健康でいるコツ〜ヤオコー川野澄人社長×石川善樹氏【前編】

写真拡大

埼玉を中心に、関東地方に約150店舗を構える食生活提案型スーパーマーケットのヤオコー。代表取締役社長の川野澄人さんは37歳の若さで家業を継ぎ、プレッシャーの中で27期連続増収増益を達成した。社長という仕事は、大きな判断を迫られることが多い。激務の中で、ストレスに負けず、心身ともに健康でいるコツとは何か? 医学博士の石川善樹さんが「ストレスに勝つ脳習慣」を訊いた。

■習慣化するために、ジムには曜日を決めて行く

【石川】川野さんと初めてお会いしたのは多分2年ぐらい前ですよね。その時に、「すっ」と佇まいがとてもキレイな方だなと思ったんです。何か具体的にやっていらっしゃることはありますか? たとえばジムに行くとか。

【川野】そうですね、ジムに行っています。もう7〜8年はやっていますかね。長くは続けていますけど、週1回だったり2回だったり、無理せずというか。石川さんがよくおっしゃるように、習慣になるように、ジムに行く日は運動着を入れたバッグを持って出勤して、そのまま帰りに寄るようにしています。一回家に帰ってから行こうとしても、また家から出る気にならないと思うので(笑)。ジムに行くのは月曜ですが、この日は結構会議が集中しているので、夜に会食が入ったりということがない。ですので月曜日の夜は必ず行くことにしています。

【石川】7〜8年も続けてみると、それをすることで頭がすっきりしたりとか、筋トレ中に何かふっと思いついたりすることはありますか。

【川野】思いつくというのはないですが、その時は本当に集中していますから、もやもやしたものは一回忘れるというのはありますね。

■「ヤオコー体操」を始めた理由

【石川】川野さんの会社は、どうしても職業柄、食べなければいけないことが多いので、メタボの人が普通の会社よりは多いのではないかと思いますが、どうでしょう。

【川野】お店の社員は店舗内をすごく歩くので、太っている社員はそれほどいませんが、お店から本部に来てバイヤーなどの仕事をするようになると、そこまで動かなくなり、食べる量も増えるので、みなさん太る傾向にありますね。だから、みんなもう少し身体に気をつけないとまずいな、運動する習慣を会社でも広められたらなと思って、石川先生にご相談しました。以前も朝礼の時に体操をやってはいましたが、いわゆる普通の準備運動に近いものでした。もっと社員に効果的な身体の動かし方はないかと米大リーグ・元ドジャースでトレーナー研修をされていた友広隆行さんを紹介していただいて、お店での動作を見ていただきました。結果、肩まわりを使ったり、腰に負担が大きかったりすることが分かり、それに合わせたストレッチを考えていただき、2016年4月から、全社で朝礼の時に「ヤオコー体操」というオリジナルの体操をはじめました。

【石川】一見すると今の時代に体操はあまり即していないのではないかという考えもあると思います。どのようにご自身の中で位置付けられていますか?

【川野】まず、何よりも健康に対する意識を高めることが大切です。次に、石川さんに教えていただいたことですが、「大事なのは運動と栄養と休養だ」と感じています。しかし、栄養のために「この食べ物がいい、あの食べ物は減らせ」とみんなに言ったところで……。

【石川】やってもらえないですよね。

【川野】ええ、会社の指示でできることではありません。だからまず運動からはじめて、少しでも体調がよくなった、という実感を得てもらおうと思いました。正しい体の動かし方をすれば身体への負荷も少なくなり、運動効果も高いということを、働いている社員やパートナーさん(パート社員)みんなに感じてもらいたかった。健康のためにフィットネスクラブに行って軽めの運動をするという方が、特に女性には多いと思いますが、うちで働くとフィットネスクラブに行くのと同じような効果があって、給料も出る。そのような感覚で働いてもらえたら、健康に対して意識が上がるし、体調も良くなるのではないかと考え、ヤオコー体操を始めたのです。

我々の商売はお店で身体を動かす。それに、見てきれいという視覚、美味しそうという匂いや味覚、店内に流れる音楽は何かという聴覚……と五感をフル活用するので、身体すべてを使っていることになります。身体を使うというのは非常に楽しい仕事ですよね。元々私は銀行にいたわけですが、ヤオコーで働き出してからそう感じました。

■責任は重いが自分で決められるのが社長

【石川】川野さん個人の仕事に対する取り組み方として、モチベーションを保つ秘訣や、ストレスを溜めないような仕事のやり方など、習慣化していることはありますか。

【川野】やはり人間ですから、非常にやる気がある時と、少しテンションが低い時はあります。社長になってからは、決断しなければならないことも多いし、最終的な責任も負わなければならず、ストレスはあるものの、「最後は思うように自分で決められるのだから、いいことなのではないか」と考えるようになりました。自分で決められず、やらされるというのが、一番のストレスだと思いますよ。

【石川】責任は重いが、それを上回る裁量があると。

【川野】先日、コロンビア大学の教授が著した『選択の科学』という本を読んでいたところ、「社長はストレスが多いから寿命が短いのではないかと調べてみたところ、むしろ社長は寿命が長い」と書いてありました。それは、自分で選択できるからなのではないかというのが著者の主張でしたが、私も共感します。

【石川】川野さんは週1〜2回のトレーニングをしているそうですが、トレーニングの時間をお忙しい中でどうやって捻出しているのでしょうか。

【川野】あらかじめ決めておく、ということでしょうね。月曜日は必ずジムに行くと決めて、習慣にしています。生活のリズムはいつも保つようにしていますし、たとえば睡眠であれば、12時前には寝て約7時間は寝るというのは崩しません。

■大事な判断を誤らないために、7時間睡眠

【石川】今のお話は、まさに習慣付けが上手い人の特徴ですね。自分の生活において仕事の優先順位を一番にしてしまうと、仕事は決して終わらないので他のことができなくなってしまいがちです。川野さんは何時に寝て何時に起きるか、ジムに必ず行くのは月曜日、可能ならもう1日ときっちり決めておいて、残りの時間の中で仕事をしています。そうすると、限られた時間に仕事を終わらせるために効率的にならざるを得ない。生活の中でまず睡眠があり、ジムもあるから、そこまでに終わらせないという発想であれば、自分の中でも無理してやっている感じがなく、習慣化しやすい。

【川野】「ワークライフバランス」という言葉がありますが、個人的にはそこまで境目をはっきり分けていません。なぜならば、ライフというものは必ず仕事に役立ってくるものだと思っているからです。日頃、社員にも言っていますが、我々の商売は普段の日常生活で使うもの、毎日食べるものを扱っているので、自分たちの食生活が楽しくならなければお客さんに楽しい提案は絶対できない。だから、仕事を充実させるためにもライフを充実させる。我々はいろんな商品を扱っていますし、たとえばこれがよく売れた、こんな新商品が出た、というのを、家に帰って家族に話すのもライフを充実させる一つだと思っています。

それに、これは社長業に特に求められる要素だと思いますが、急なことがあった時にも、きちんと自分で判断し、対応できる状態にしておかなければならない。出店や投資判断などのリスクマネジメントは睡眠不足ではできないですから。睡眠も仕事の一部だと考えています。

【石川】川野さんは姿勢がよく、ゆっくり話すのが印象的です。姿勢がよければ呼吸がしっかりできるので、自分をコントロールしやすい。そして、ゆっくり話すことで感情をコントロールしやすくなる。だから、もしイラッとした時にも、それを抑え込むことができるのかなと、医学研究者として思いました。

【川野】いや、実際には瞬間的に怒るべきところで、タイミングを失うという反省はあります(笑)。石川さんのご指摘は、3年程前からはじめた社内でのコミュニケーション研修の影響もあると思います。世代によってコミュニケーションの取り方が異なることが肌感覚で分かり、考え方の違いを認めようと意識するようになりました。たとえば理屈を優先する人がいれば感情を優先する人もいる、締切に向かって線形に進んでいないと気が済まない人もいれば、帳尻が合えばいいだろうという人もいる。それぞれ一つの目標に向かうにしても、その手法や人との関わり方が違うし、同じ局面でもそれぞれ感じ方が違う。だから、人の話をしっかり聞かなければいけないなと意識するようにしています。昔は自分と考えが違うというだけでカッと怒っていたこともありましたが、おそらく伝え方が悪いということもあったのでしょう。

【石川】捉え方を変え、みなそれぞれ違うという前提に立てば、むやみにイラッとすることが少なくなると。

【川野】そうですね、何か考えがあるのではないか、彼の考えていることは何だろうという方に意識を向けるようになりました。

■寝る前に数分間「立ち禅」

【石川】その他、ストレス解消のためにやっていることはありますか。

【川野】ストレス解消ということで言えば……、僕は大学の時に合気道をやっていました。でも合気道というのは試合もなければ、関節を決められると痛いし、むしろストレスでした(笑)。

【石川】合気道って、試合がないんですか?

【川野】流派によっても違いますが、基本的に試合はありません。

【石川】本当に、技を極めて道を探求するものなんですね。

【川野】そうですね。「かかり稽古」という、胸ぐらを掴まれた時にどのように対応するかを条件反射的に出せるよう、ひたすら掴む側と掴まれる側をぐるぐる交代して練習します。「演武」といって技を見せ合う種目もありますが、それも勝ち負けが決まるわけではない。他にも四股を踏んだり、丹田で呼吸をするという呼吸法をしたり、立禅を組んだり。立禅は何分やるかわからないのですが、いつ終わるかを気にすること自体がダメで、自分の呼吸にだけ集中しなければならない。当時はすごくイヤでした(笑)。

【石川】終わりがないんですね。

【川野】ただ考えてみれば、ストレスというのは同じことが頭の中で巡ることなので、それを一回断ち切る上では非常にいいと思い、最近は寝る前に5分程度、立禅をしています。

■目の前の仕事に集中することで「無限ゲーム」を続けられる

【石川】今の話を聞いていて思い出したのが、「有限ゲーム」と「無限ゲーム」という心理学の話です。有限ゲームというのは勝ち負けとか終わりがある闘い、無限ゲームというのは終わりがない闘いで、どちらかというと男性は有限ゲームが得意で、女性は無限ゲームが得意だと言われています。この分類でいくと、ビジネスは有限ゲームというよりも無限ゲームであり、終わりがあると思うとそこに向けて無理しがちにもなるんですけど、無限ゲームだと思うと先ほど川野さんが言ったように、今目の前のことに集中するしかないから、ずっと続けることができる。スーパーという業界は長いトレンドで変化が見えにくいので、お客さんという目先に集中するしかないのではないかと思いました。そういう意味でも、結果的に合気道も社長業のいいトレーニングになっているのかもしれませんね。

【川野】今になって思えば、そうでしょうか(笑)。

【石川】立禅を最近やりはじめたきっかけは、何かあったのですか?

【川野】やはり、日々悩むことも少なくないですし、寝るのもすっきりしなかったり、気持ち悪かったりするので、それを断ち切る意味でやろうと始めたものです。もともと私には家業であるヤオコーを継ぐはずの兄がいましたが、小さい時に数年前に亡くなってしまった。兄が生きていれば、今の自分はいないと思いますが、ある意味で運命ではないかと思うこともある。だから、悩みがあったり、大変だったりするけれども、それは神様に与えられたものだから、仕方がないのではないかと心を整えているという側面はありますね。

【石川】ストレスがあった時に、誰かのせいにしたり自分の弱さのせいにしたりすると余計に辛くなる一方で、運命のせいにできる人はストレス耐性が強いと言われています。病気になった時にも、「これはもう神様からの試練だ」と思える人は、回復も早い。反対に、「なぜ自分が病気になったんだ」「なぜ自分ばかり」と被害者意識を持つと回復が遅くなるという研究もあります。(後編に続く)

----------

石川善樹
予防医学研究者・医学博士。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部を経て、米国ハーバード大学公衆衛生大学院修了。専門は行動科学、ヘルスコミュニケーション、統計解析など。株式会社キャンサースキャンおよび株式会社Campus for Hの共同創業者。ビジネスパーソンを対象にしたヘルスケア、ウエルネスの講演・執筆活動を幅広くおこなっている。NHK「NEWS WEB」第3期ネットナビゲーター。著書に『友だちの数で寿命はきまる』『最後のダイエット』(ともにマガジンハウス)、『健康学習のすすめ(理論編)』(日本ヘルスサイエンスセンター)などがある。
 

----------

(予防医学研究者・医学博士 石川 善樹、ヤオコー社長 川野 澄人 撮影=永峰拓也、河西遼、高橋健太郎)