ご飯のおかずについつい塩を強めにしてしまうが

写真拡大

日本高血圧学会は2017年4月28日、毎月17日を「減塩の日」とするとした申請が日本記念日協会によって認定され、正式に決定したと発表した。

同学会は「世界高血圧デー」である5月17日を「高血圧の日」と制定し、市民公開講座などを通じて高血圧の啓発を行ってきたが、今回の減塩の日制定によってさらに幅広い分野で減塩の啓発が広がることが期待できるとしている。

日本人は塩分過多?

同学会内に設けられた「減塩委員会」によると、高血圧の治療においては食塩制限が重要であり、同学会は1日6g未満を推奨している。また、食塩摂取量が非常に少ない地域では高血圧の人はみられず、加齢に伴う血圧上昇もほとんどないことが示されており、高血圧の予防も期待される。

しかし、日本では塩分の摂取がまだ多く、一般の人の食塩摂取量は男性1日8グラム未満、女性7グラム未満となっており、同学会では1日6グラム未満への減塩を推奨している。ほとんどの日本人は必要量をはるかに超える食塩を摂取しており、減塩による健康障害は起らないが、低血圧や起立性低血圧で立ちくらみがある場合など、一部の病気の患者は食塩摂取が多いほうがよいこともあるという。