朴槿恵(パク・クネ=1952年生)氏の罷免で早期実施になった韓国の大統領選挙は9日に投票日を迎える。

 進歩系の文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)氏と接戦を続けていた安哲秀(アン・チョルス=1962年生)氏が終盤で大失速した。その原因は、最大勢力の保守層が最後まで揺れに揺れたためだ。

 「いったい誰に投票したらいいのか?」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「誰に投票すればいいの?」

 ここ1週間に会った韓国の知人から何度同じことを聞いたか。

 筆者は、ソウルで韓国の大統領選挙を見るのはこれで5回目になるが、今回ほど直前まで「誰にするか?」と迷っている話を聞いたことがない。

 韓国では、投票1週間前になると新たに実施した世論調査の公表は禁止になる。最後に世論調査を見ても、20%前後の有権者が態度を決めかねている。

 選挙への関心が低いわけではない。5月5日までに実施された「事前投票」。投票した有権者数は1100万人を超えた。全体の26%がすでに投票を済ませた。

高い「事前投票」 空港でも簡単に

 「事前投票」は大統領選挙に関しては今回から手続きが大幅に簡素化された。有権者は、旅券や住民登録証などを持参すれば、全国どこの投票所でも投票できる。例えば、仁川国際空港にも投票所ができ、連休を利用して海外旅行に行く有権者が出国前にさっと投票できる。

 それにしても、26%というのは、専門家の予想を大幅に上回る数字だ。一方で、「誰に投票すればいいのか?」迷う有権者も多い。その理由の1つは、韓国では多数派と見られる保守層が最後の最後まで迷っているからだ。

 今回の大統領選挙は、朴槿恵氏が罷免になったことで急遽、繰り上げ実施される。国民の間で朴槿恵政権に対する失望が強く、この政権を支えた保守系の候補は、最初から当選可能性はほぼないと言われてきた。

 一方で、進歩系は、前回の大統領選挙で朴槿恵氏に敗れた文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)氏が早々に出馬意思を明らかにして「不動の本命」として着々と準備をした。

 有力候補がいない上に、保守系政党の分裂や内紛もあり、保守支持層の間でも、「今回は既存の保守系政党の候補ではない候補を選ばざるを得ない」という雰囲気が2016年末以降強まっていた。

 と言って、本命の文在寅氏は、進歩色が強すぎる。特に保守層の間では、進歩系の政権で北朝鮮に対する融和政策を進めた盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の最側近で盟友でもあった文在寅氏に対しては、強い拒否感がある。

 だから、保守層は、年始から、「次の大統領候補」を次から次へと物色し続けた。「文在寅氏に勝てる候補」が最大のポイントだった。

「勝てる候補」を物色

 最初に、目を付けたのは、潘基文(バン・キムン=1944年生)前国連事務総長だった。国連事務総長の任期切れ(2016年末)を前に、韓国内では「潘基文期待論」が高まった。2016年年末の、各種世論調査で、文在寅氏と並ぶ、有力候補に浮上した。

 ところが、2017年1月12日に韓国に帰国して「出馬宣言」を出すと、期待が失望に変わる。様々な言動が「準備不足」であることを露呈してしまい、支持率が急落し、あっという間に「出馬辞退」に追い込まれた。

 保守層は、潘基文氏に続いて、黄教安(ファン・ギョアン=1957年生)首相や、野党の「共に民主党」内で文在寅氏と候補者氏名争いを演じた安熙正(アン・ヒジョン=1965年生)忠清南道知事の支持に回った。

 黄教安首相は朴槿恵氏が任命した首相で、保守色は強い。だが、大統領権限代行にもなっており、この職をなげうって出馬できるのかという指摘が強かった。

 安熙正知事は、ここ数年、「現実路線」に転じて、柔軟な姿勢だが、もともとは盧武鉉氏の側近でばりばりの民主化運動家だった。いくら文在寅氏が嫌だといって、安熙正知事を支持するのは、名分に欠けるという声もあった。

 それだけ保守層も困っていたということだ。ところが、黄教安氏は出馬しない方針を明らかにし、安熙正氏は党内選挙で文在寅氏に敗れて出馬できなくなった。

次々とNOで次は安哲秀氏浮上

 次に出てきたのが、安哲秀氏だった。安哲秀氏は前回の大統領選挙では文在寅氏に譲る形で出馬を断念した。

 しかし、その後、文在寅氏と対立し、2016年4月の国会議員選挙を前に「共に民主党」を脱党して「国民の党」を設立し、40議席を獲得して大統領候補に踏みとどまった。

 もともとベンチャー企業の創業者で保守層にも受け入れられやすい。政策も文在寅氏よりも柔軟だ。そういう政策や理念の理由もあるが、何よりも、「文在寅氏に勝てる可能性がある唯一の候補」ということで、3月半ばから安哲秀氏への支持率が急上昇した。

 「ゴールデンクロス」。韓国では、大統領選挙の際に、首位を走っていた候補者を2位の候補が逆転する瞬間をこう表することが多い。

 4月半ば、いくつかの世論調査では、安哲秀氏が文在寅氏を逆転する「ゴールデンクロス」が起きた。「今のままの流れなら、安哲秀氏が走る可能性も高い」。4月半ば頃、多くの政治記者、専門家からこんな話を聞いたことがある。

 「それでも・・・」

 懐疑的な見方ももちろん少なくなかった。

一度はゴールデンクロスも…

 安哲秀氏への支持率は2016年秋以降、ずっと10%前後だった。ところが、3月半ばから3週間の間で一気に3倍の30%以上に跳ね上がったのだ。

 この間、安哲秀氏が画期的な政策を打ち出したわけではない。文在寅氏に決定的な失言やスキャンダルがあったわけでもない。では何があったのか?

 行き場のない保守層が、「何となく」安哲秀氏支持に集まったのだ。こういう支持だから離脱も早い。

 4月半ば以降、テレビ討論会が始まると、安哲秀氏への支持が急速に下落する。4月13日から5月2日まで6回の討論会があったが、テレビ討論会をすればするほど安哲秀氏の支持が目に見えて下落したのだ。

 何か決定的な失言があったのか?

 そういうわけではない。安哲秀氏は、どんな質問にもすらすらと答える。内容が極端なわけでもない。経済政策などには実現性を重視したそれなりの評価できる中身だ。

 だが、受け答えが「無機的」だ。何か、機械が話しているような印象を与える。相手候補からネガティブ攻撃を受けた際、これをうまくかわす技術も不足していた。

 どれもこれも、「決定的」なことではないが、多くの有権者に「頼りになる大統領候補」という印象を与えることができなかった。

 「安哲秀氏じゃないね」「安哲秀氏は残念だったね」――テレビ討論会があるたびに、こう話す有権者が実に多かったことは確かだ。

 安哲秀氏は、4月初めに選挙戦が「文在寅対安哲秀」の2強構図になった頃、「2人で徹底討論をしよう」と何度も呼びかけた。だが、国会に議席を持つ政党の公認候補の間でテレビ討論をするルールになっており、テレビ討論会はいつも5人で実施された。

 当選可能性が低い3人の候補は、まさに言いたい放題、批判したい放題だ。これが有権者には受ける。だからいつも、「討論会の勝者」は、支持率が10%にも満たない、保守系と進歩系の2人の候補者だった。

 こういう討論会で、安哲秀氏は埋没してしまったのだ。

手堅い文在寅氏

 一方の文在寅氏は、前回の大統領選挙で厳しい「検証プロセス」やネガティブ攻撃にさらされている経験があって、老獪だ。

 自分が先頭を走っているため、無理はしない。批判を受けても笑顔で対応する。テレビ討論会では、ポイントをあげようというより、致命的なミスをしないことを重視してこれに成功した。

 「これから右に毎日ワンクリックずつするよ」

 4月半ば、文在寅氏の選挙対策を取材していた大手紙記者は、陣営幹部からこう聞かされたという。「進歩色が強すぎる」という文在寅氏への懸念を払拭するために、毎日少しずつ、路線を「右側」に修正していくということだ。

 穏健イメージを出して浮動層をつかもうという狙いだ。

 投票1週間前に公表された各種世論調査を見ると、文在寅氏が40%超、安哲秀氏と保守系の「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ=1954年生)氏が20%前後という結果だった。

 洪準杓氏は、安哲秀氏に代わってここ1〜2週間で支持率が急上昇してきた。とにかく毒舌と言ってよいほど舌鋒が鋭い。保守層有権者を意識して過激な発信を続ける。

 文在寅氏の南北経済交流推進政策をこう批判する。

 「(北朝鮮にある)開城(ケソン)工業団地をいずれ拡大すると言うが、あなたは韓国の雇用拡大ではなく、北朝鮮で雇用を拡大するというのか!」

 「盧武鉉政権で進めた南北経済交流で巨額の資金が北朝鮮に流れ、これが核、ミサイルの開発に回った。その責任者ではないのか!」

 こういう「分かりやすい」説明に、「当選可能性度外視」で洪準杓氏に投票することを検討する保守層が増えているのは間違いない。では、最終盤の情勢はどうなのか。

 激戦を経て、文在寅氏がかなり抜け出したような情勢だが、最後にはどうなるのか。

 文在寅氏はずっと先頭走者ではあるものの、40%をぐっと超えて50%に近づく支持率を上げるには至っていない。証券市場で言えば、「ボックス圏」に張りついてしまっているのだ。

 1〜2週間で10〜20ポイントくらい平気で動いた今回の選挙戦だけに、「まだサプライズはあり得る」という政治記者もいないわけではない。そのカギを握る迷い迷った保守層はどこに行くのか。

 自分の1票を「死票」にしたくはない。文在寅氏の当選は阻止したい。そうなると考えは多少違っても安哲秀氏を選ぶ「戦略投票」なのか。でも、頼りないし、当選可能性はあるのか?

 それなら、勝ち負けにはこだわらず自分の考えに近い候補に入れる「所信投票」で、洪準杓氏を選ぶのがいいのか。

 保守層は投票日当日まで揺れている。

筆者:玉置 直司