田口智隆(たぐち・ともたか)  投資家。株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表取締役。1972年埼玉県生まれ。大学中退後、学習塾の講師となるも、借金が膨らむ。28歳のとき、父親が病に倒れたのを機に父親が経営する保険代理店に入社し、地域ナンバーワン代理店に成長させる。また、徹底した節約と資産運用により、自己破産寸前まで膨らんだ借金をわずか数年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳のときに独立する。現在、その経験を活かしてマネー・カウンセリングを行う一方、日本全国でセミナー活動を積極的に行っている。著書は、『お金の不安が消えるノート』(フォレスト出版)、『お金が貯まらない人の悪い習慣39』(マガジンハウス)、『即断即決――速さは無敵のスキルになる』(きずな出版)ほか多数。

写真拡大

近年急増中の「大金持ちになるより、お金の心配をせずに暮らしたい」という人に対して、「お金のカリスマ」田口智隆さんがすすめるのが、趣味や特技など自分の“好き”なことで収入を得る「幸せな副業」です。最新刊の『“好き”がお金に変わる33の方法』では、果実の生育過程に即しながら<趣味⇒プチ副業⇒副業(⇒起業)>がうまくいくコツを解説します。本連載ではいちばんのポイントになる「お金の種の見つけ方」「お金の種のまき方」を11回にわたってご紹介します。

「好きをお金に変えよう」と言っても、“好き”のレベルには個人差があります。

何十年も続けている趣味、あるいは一時期ものすごく熱中した趣味と、最近興味をもち始めた趣味とでは、その経験や知識に天と地ほどの差があるはずです。

少しかじったくらいの趣味では、他の商品・サービスとの差別化を図るのは簡単ではありません。

STEP1 人前で1時間以上語れることが「お金の種」になる

では、どの程度“好き”ならお金に変えられるのでしょうか?

それを見極める「リトマス試験紙」となる基準があります。

それは、「好きなこと(趣味)の魅力について人前で1時間以上語れるか?」です。

あなたが、これまでの人生で多くのお金と時間をかけてきた好きなものならば、それについて話すのに1時間でも足りないはずです。

私が知っている副業や起業で成功している人のほとんどは、自分のビジネスの種である好きなことについては雄弁ですし、いろいろと質問を投げかけても、必ず的確な答えが返ってきます。

そして実際、愛着と専門性を発揮できる商品やサービスを提供して、お客様を獲得しています。

あなたには、人前で1時間以上語れるほど、好きなことがあるでしょうか?

もし思い当たる趣味があれば、それが「お金の種」となるかもしれません。

“好き”がお金に変わった人  5
英会話や旅行を趣味とする榊原美香子さん(仮名)は、普段は貿易会社で働くOLですが、週末は副業として外国人観光客向けのツアーガイドをしています。

浅草や銀座など外国人に人気のある観光スポットで、見どころの案内や通訳をして月に6〜8万円の収入を得ているのです。

まさに好きをお金に変える「幸せな副業」を実践しています。

そんな榊原さんも、普段は物静かで、人の話をニコニコと聞いているタイプなのですが、英語や旅行の話になると、堰せきを切ったように語り始めます。

彼女が楽しそうに話すのを聞いていると、本当に好きなことが伝わってきます。
それこそ、止めなければ2時間も3時間も話せるだけの経験と熱量をもっています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)