エン・ジャパンのオフィスで話す社長の鈴木孝二(右)と西口洋平 Photo by Toshiaki Usami

写真拡大

『週刊ダイヤモンド』5月13日号の特集は「がんと生きる 〜仕事 家庭 家計 治療」。子育ての真っ最中である働き盛りの世代ががんになったとき、仕事、家庭、家計をどのように維持していけばいいのか。最新治療はどのようなものか。「がんと生きる」ための実益情報を満載しました。

 求人サービス会社エン・ジャパン社長の鈴木孝二(46歳)は2015年のある日、関連会社の休憩室で愛妻弁当を食べる西口洋平(37歳)の姿を見て絶句した。

 エン・ジャパンがまだ数十人規模のベンチャーだった時代に新卒で入社した明るく元気な体育会系社員が、別人のように痩せ細っていたのである。明らかに病的な痩せ方だった。

 驚く鈴木に、西口は最も進行した進行度IV期の胆管がんであることを打ち明けた。「またあらためて報告します」と言っていた西口が再び鈴木の前に姿を見せたのは翌16年の春のことだった。

「ステージ(進行度)が進んでしまっているので、いつ何があってもという状況で今考えています」。西口は関連会社を退職し、会社とは別の「最後の仕事」、子供を持つがん患者をサポートするウェブサービスの活動に本腰を入れることを決意していた。

「無理でしたら全然いいんですけど──」。西口はさらに続けた。新卒から働き続けたエン・ジャパンでも、今の自分だからできることがあるならば「何か残したい」と希望したのである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)