業転玉の減少が、ガソリン価格の上昇圧力につながっている Photo:JIJI

写真拡大

 コストコホールセールのガソリン販売がピンチだ。販売するガソリンや軽油、灯油等の石油製品の仕入れが難しくなっているというのだ。ある業界関係者は「4月以降、コストコが玉(石油製品)を融通してくれないかと、方々に問い合わせをしている」と打ち明ける。

 コストコは郊外にある会員制の倉庫型小売店。中間流通業者を介さない、独自の仕入れ方法によって得られる価格競争力が強みだ。

 生鮮食品や家電、日用品などを扱っているが、2015年6月からガソリン販売もスタート。現在、全25店舗中6店舗が店舗敷地内でガソリンスタンドを運営している。売りはやはり低価格。近郊のガソリンスタンドと比較して1リットル当たり7〜8円前後安いことはざらで、車で訪れる買い物客の“ついで給油需要”を取り込んでいる。今やコストコはガソリン市況の価格破壊者となっている。

元売りも圧力?

 そんなコストコのピンチを知って、石油業界関係者は留飲を下げている。

 最大の要因は旧JXホールディングスと旧東燃ゼネラル石油の統合会社で、販売シェア50%超となったJXTGホールディングスの誕生だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)