5日、中国メディアの済魯網が、山東省済南市で顔認識システムを利用して信号無視をした人を特定する取り締まりが始まると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2017年5月5日、中国メディアの済魯網が、山東省済南市で顔認識システムを利用して信号無視をした人を特定する取り締まりが始まると伝えた。

記事によると、済南交通部門は、歩行者や軽車両が信号無視をした場合、自動で写真を撮影するシステムを開発した。例えば、歩行者が赤信号の時に道路を渡ると、自動で4枚の写真を撮影し録画も行う。この撮影された人の顔を、省庁が採集した人物像データと照らし合わせるという。

こうして特定された違反者の情報は、公安交通管理誠信情報プラットフォームに記録され、公安交通警察が違反者の交通違反情報を会社と居住する社区委員会へ書面で通知し、テレビとインターネット上で同時に公開するという。

記事は、中華人民共和国道路交通安全法第89条の規定では、歩行者または軽車両が道路交通安全法に違反した場合、警告または5元(約80円)以上50元(約800円)以下の罰金に処すると規定されており、軽車両の運転者が罰金を拒否した場合には軽車両を差し押さえることができると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「まずはこのシステムをスリや泥棒に適用してほしいのだが」、「このシステムを行方不明になった子どもを探すのに応用できないのか?」、「ぜひ各地のレストランやクラブにもこのシステムを普及させて、党幹部による規定違反を防止しよう」など、ほかに使うべきところがあるとの意見が多く寄せられた。

さらに「双子はどうするんだ?」、「両手で顔を覆って渡ればいい。俺って頭いいな」、「中国とは人権のない国」など、問題点を指摘するコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/山中)