【詳細】他の写真はこちら

トラブル発生……。あれ、復元ポイントがない! を回避する



復元ポイントが自動的に作られ、不安定になったPCの復旧に便利な「システムの復元」機能ですが、ソフトによっては復元ポイントが作られることなくインストールされてしまう場合があります。また、システム設定の変更程度では自動で復元ポイントが作られることがありません。

こういった時に限って、システムは不安定になってしまうもの。せっかくシステムの復元機能で戻そうとしても、直前の復元ポイントがなければ、さらに古い復元ポイントを使うしかありません。

こういった事を未然に防ぐためにも、システムに大きな変更を加える場合は手動で復元ポイントを作成しておきましょう。といっても難しいものではなく、システムのプロパティの「システムの保護」タブから「作成」ボタンを押すだけ。名前を付けて保存すれば、簡単に復元ポイントを作成できます。



▲システムのプロパティにある「システムの保護」タブで「作成」ボタンをクリックすれば、復元ポイントの手動作成が可能です。



▲復元ポイントには自動で日時が付加されるので、それ以外のわかりやすい名前を付けましょう。



▲作成された復元ポイントは、復元時に選択が可能です。「種類」が「手動」となっているのが、自分で作成したものとなります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ