北朝鮮当局は6日、反共和国敵対行為を働いたとして、米国人男性1人を拘束した。朝鮮中央通信が7日付で報じた。

拘束されたのは、平壌科学技術大学で運営関係者として勤務していたキム・ハクソン氏で、関係機関が具体的な調査を行っているという。

北朝鮮当局は先月22日にも、同大に会計学教授として招聘(しょうへい)されていたキム・サンドク氏を拘束している。